8月16日 その3280『逢坂誠二の徒然日記』(4977)

掲載日:2016.08.16

朝の函館の気温は22度。
湿度が少し高めだ。
昼から午後には、雨になるとの予報が出ている。

久々の雨だ。

1)戦没者追悼式
昨日、今金町の戦没者追悼式に出席した。

今金町は、人口流出も、少子化も
他に比べると、多少は緩やかな自治体だ。
追悼式で、多くの皆さんが話していたのは、遺族の高齢化は当然のことだが、遺族会の活動を引き継ぐ皆さんがどんどん減っていることだ。

そしてもっとも皆さんが恐れているのは、
あの戦争の悲惨さが語り継がれず、薄れて行くことだという。
私も、全く同感だ。
実体験をした方々が減るのは当然だが、
実体験をされた方々から
直接生の体験を聞いた私のような世代も減って行く。
戦争の悲惨さを、あの出来事を風化させてはならない。
想像力。
あらゆる立場の皆さんのことを、
実体験をしていないことを、それらに思いを巡らす力、想像力、これを失ってはならない。

さあ今日も、確実に前進します。=======================
               2016.8.16=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください