8月22日 その3286『逢坂誠二の徒然日記』(4983)

掲載日:2016.08.22

午前4時、函館の空は、昨日よりも雲が多い。
日の出は、午前4時50分。

予報では、雨になるかもしれない。


1)豪雨
昨日も、市内各所を走り回った。
午前4時9時30分頃から、台風の影響で雨になった。

せっかく屋外で予定されていたイベントも、急遽、屋内に変更になるなど、関係者の皆さんも大わらわの対応となった。
====

陸上自衛隊函館駐屯地創立66周年記念式典も、
激しい雨の中での実施となった。
隊員の皆さんは、ずぶ濡れの中での観閲。
私も降りしきる雨の中で、日頃の隊員の皆さんの活動に対し感謝の気持ち、
さらに立法府の一員として、日本の防衛のための抜け落ちのない法整備などについて、私の思いを話させて頂いた。

貴重な機会を頂き、有り難く思う。

====
函館では、激しい雨になっても、何とかイベントなどが実施できている。
ところが道内の他地域では、
堤防決壊などによって、雨に被害が発生している。
早期の収束を祈っているが、関東にも新たな台風が近づいている。



2)床屋
昨日は、午後3時に仕事を切り上げて、床屋に行った。
前回、台湾で散髪をして以来、ひと月が経過し、
結構ボサボサ状態になった。

事務所の藤谷くんが、子供の頃から通いつけの床屋さんで、スッキリとしてもらった。
感謝、感謝。
====
その後、お世話になっているところに挨拶に伺い。
珍しく午後6時過ぎに帰宅した。
帰宅後は、以前から読みたいと思っていた、山崎豊子さんの未完の遺作『約束の海』を読み始めた。
ぐいぐい引き込まれて、一気に第一部を読み終えたが、
完成したのは第一部のみで、山崎さんは逝去された。

第一部以外は、あらすじなどが準備されているが、今日以降は、何を書こうとしたのか、それらあらすじなどを読むつもりだ。


夏の甲子園、北海高校は、
決勝では力を発揮できず準優勝となった。
何とも残念に思うが、
でも、よくやったと思う。

おめでとう。


さあ今日も、確実に前進します。
=====================
              
2016.8.22


=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください