2月8日 その1657『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.02.08



都内は、今日も雲が多めの朝を迎えました。

気温は3度程度、
日中の最高は10度との予報が出ています。

一時の寒さが嘘のように、
天候が変化しています。



1)討論型世論調査
以前にも、この日記で、
ジェームズ・S・フィシュキン(James S Fishkin)著
『人々の声が響き合うとき』(早川書房,2011年)を
紹介したことがありましたが、
昨日の朝日新聞でも取り上げられ、
嬉しい限りです。

==朝日新聞からの引用==

政策について世論調査をする。

回答者の中から数百人を一堂に集め、徹底討論する。

その後、調査と同じ質問をすると

「思いつきではなく、考え抜いた回答に変わる。
 これこそ国民の本当の声だ」。

==以上、引用終了==

何の予備知識もなく世論調査を行った結果と、
多角的に色々と議論した後の世論調査結果とは、
違う場合が多いのです。

私は、このことを市町村合併議論のときに
痛切に感じていました。

町民とあまり議論せずに、
合併について問いかけると
「このままだと財政がもたない」とか、
「まちがやれなくなる」などの
世の中の漠然としたムードを背景にして、
合併止む無しの方向に傾くのが通例です。
(しかもこの場合は、
合併後の明確な地域のあり方に対する議論が
不十分な場合もあります。)

そうした漠然とした雰囲気を根拠とする
世論調査結果を避けるためには、
事前の十分な学習や議論が不可欠なのです。

そうすれば、
合併の功罪を踏まえた、
確度の高い世論把握の可能性が高まります。

首長時代は、このことを常に気にしていました。

フィシュキンの討議型世論調査は、
この私の問題意識とまさに一致するものでした。

====

現在の国政を取り巻く状況は、
毎週末にマスコミ各社などが行う
刹那的な世論調査に翻弄されるなど、
けっしてあるべき姿とは思われません。

政治家もマスコミも
もっと地に足のついた議論ができる環境を、
どう作るべきかに力を割くべきなのです。

====

フィシュキン氏は、
これまで欧州や中国など20カ国以上を訪問し、
討議型世論調査を実施したといいます。

日本での5度の討議型世論調査にも
関わっています。

「熟議は民主主義の魂」
と訴えるフィシュキン氏の実践が
さらに広がることを望んでいます。



2)診療報酬
診療報酬の点数をどう割り振るか、
最終盤となっています。

昨日も、残された細部について、
関係者と調整し、
何とかまとまる方向となっています。

診療報酬は、
総額議論と同時に、
詳細の点数の割り振り方の議論、
この両方が重要です。



早朝から総務部門会議など、
会議が目白押しです。

今日は満月です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
    2012・2・8 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 2月8日 その1657『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください