9月11日 その3306『逢坂誠二の徒然日記』(5003)

掲載日:2016.09.11

日の出前の東の空が美しい時期になった。
漆黒の地平線が徐々に紺色になって来る。
そんな様子を見るともなく見ながら目が覚めた。


1)加藤紘一さん
元衆議院議員の加藤紘一さんが
亡くなったとのニュースが飛び込んで来た。

加藤さんとの初めての接点は、ニセコ町長時代だ。

「自民党の加藤ですが。」
自民党の加藤さん…、あまりにも率直な物言いに、咄嗟に電話の相手が誰か分からなかった。
相手が誰か分からずに「加藤さん??」と問い直す私に
「加藤紘一です。」と一言。
突然、かかってきた電話の主があの有名な加藤紘一さんだった。

「先日の毎日新聞の記事について話を聞かせて欲しいのですが。」
その数日前に、毎日新聞に依頼されて教育に関する一文を書いた。

それについての問い合わせだと言う。
「私も町長さんと同様の問題意識を持っています。」とのこと。
あんな有名な政治家から直接電話が来たこと、
さらにあまりにも率直で、偉ぶることもなく、
淡々と政策について語ったこと、その電話はとにかく驚きだらけだった。
その後、私が国会に行くと、即、連絡が来た。

「あなたの分権や自治に関する考え方に共感している。飯でも食べよう。」
こんな連絡が来て、以来、幾度か一緒に寿司をつまみ、酒を飲んだ。

海洋を漂流するゴミの問題についても、同じ問題意識を持って法案化の作業を行った。

「もっと一緒に仕事ができる機会があれば良いのだが」

加藤さんは、こんなことを言っていたが、2012年に政界を引退し、私は何とも残念に思っていた。

お嬢さんが後継者として現在、国会に来ている。
いずれかの時期に、お父さんのことや、
政策について意見交換をしたいと思っていた矢先の訃報だ。

今の政治情勢について、たくさん話を聞きたかったのだが、残念の一言に尽きる。

合掌。


さあ今日も、確実に前進します。
=====================

                 2016.9.11
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください