9月12日 その3307『逢坂誠二の徒然日記』(5004)

掲載日:2016.09.12

昨日の函館は、見事な秋晴れだった。
市内各地で、様々なイベントが開催され大勢の皆さんで賑わった。
特に大門など、駅周辺でのグルメサーカスは、
一昨日からお客さんでごった返し、
交通渋滞が発生するほどの状況だった。
私も、それらに参加し、楽しませていただいたが、流石に全てを回り切ることができず、ちょっと残念。
その合間を縫って、街頭に立たせて頂いているが、多くの皆さんから激励の声をかけて頂き
感謝、感謝。

1)堪能
グルメサーカス会場の一角に
いつも世話なっている焼き鳥屋さんがある。
昨日、午後からそこが貸切となって、音楽ライブが行われた。
ライブといっても、予め厳格に予定されたプログラムに沿ったものではなく、
ミュージシャンの皆さんもカウンターに座ったまま、ビールやハイボールを飲み、雑談しながらの演奏だ。
ふらりと立ち寄った焼き鳥屋さんで、偶然、ライブをやっている、そんな感じだ。
イーグルス、ドゥビーブラザーズ、エリッククラプトン、スティービーワンダー、オーリアンズ、
オールマンブラザーズバンドなど、我々世代には垂涎の曲目はばかり。
焼き鳥屋のご主人の温かい配慮で、
まさに忙中閑あり、
そんな雰囲気を堪能させて頂いた。
午後に、そんなことがあったため、昨夜就寝前にも、音楽から離れることができず、ネットからのストリーミングでボブディランを聞きながら床に就いた。

ネット環境さえ整っていれば、聞きたいときに、聞きたい音楽を存分に堪能できるという信じられない時代になった。
しかし、昨日の焼き鳥屋でのライブは
贅沢で、なかなか再現できない貴重なものだ。
昼間から酒を酌み交わし、音楽と喋りのシャワーを浴びたあの雰囲気は一生忘れられないものとなりそうだ。
ご配慮頂いた焼き鳥屋さん、演奏下さった皆さん、
カウンターで一緒に酒と音楽を堪能した皆さん、関係した全ての皆さんに感謝している。


さあ今日も、確実に前進します。
=====================

                 2016.9.12
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください