10月6日 その3331『逢坂誠二の徒然日記』(5028)

掲載日:2016.10.06

昨日は、全国史跡整備市町村協議会の函館大会に出席するため
朝の便で帰函し、夕方には再度上京となった。

今日は、早朝から原発ゼロの会の世話人会のため
朝6時には、国会へと向かう。

国会は朝も早いし、夜も遅い。

昨日の移動中に参院予算員会の様子をネットラジオで聞いていた。

安倍総理の答弁はなぜあんなにも不誠実なのだろうか。

そして相変わらずの底意地の悪さを感ずる。

人間性の悪さと言いたくはないが、そんな雰囲気がプンプンだ。


1)オールナイトニッポン

ANAの国内線機内で、
楽しみにしているオーディオプログラムの
「オールナイトニッポンClassics」が今月で終了だと知った。

つまり今の機内で流れている番組が最後なのだ。

我々世代には、心地良い番組で、
私も毎月楽しみにしていた。

それが終了するという。

月一本の番組だから、ずっと続くと思っていたのだが、
それは私の甘い見通しだった。

何とも残念で、来月からの
ANAの楽しみが一気に減ってしまった。

テーマ曲のビタースイートサンバも聞けないのかと思うと、
寂しさで一杯だ。

最後の曲は、「今日までそして明日から」(吉田拓郎)だった

====

私も人生半分の折り返しを大きく過ぎた。

残された人生の中で、
以前のようにラジオ番組をもう一度、
やりたいと思っている。

好きな話をして、好きな音楽をかける。

相方と勝手な掛け合いをする。

国会の仕事とは別に、
いずれまたそんな機会に恵まれればと祈っている。

現実は違う、ちょっと夢想に近い夢だなとは思いつつも。


今日は、早朝の原発ゼロの会を皮切りに
政策に関するレクがぎっしりと詰まっている。


東京は真夏日、北海道は雪の予報。

気候の隔たりの大きい時期だ。

さあ今日も、確実に前進します。
=====================
             2016.10.6
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください