11月10日 その3366『逢坂誠二の徒然日記』(5063)

掲載日:2016.11.10

今日は、いつもよりも早い朝から
原発ゼロの会世話人会などが開催され、
日記の配信が遅れてしまった。

====

日本時間の昨日、
アメリカ合衆国の大統領選挙において、
共和党のドナルド・トランプ氏が当選し、
次期の合衆国大統領になることが決まった。

ドナルド・トランプ氏は、
これまでの選挙戦を通じて
様々な個性的な主張をしているが、
これらの主張に基づいて
合衆国大統領としての職務が行われるのであれば、
今後の日米関係、さらには日本のあり方にも
影響が及ぶことが容易に推測できる。

民主党のバラク・オバマ大統領から
共和党のドナルド・トランプ氏への
政権交代が行われることで、
これまでのオバマ政権の政策も
大きく修正される可能性は否定できない。

これに対して多くの国民は不安を抱いている。

私は不安は確かに、その通りだと思うし、
政府などはその不安の解消に
的確に努める必要がある。

====

ドナルド・トランプ氏は、
在日米軍の撤退や規模の縮小などを主張した。

また日本の防衛の一部を米軍が肩代わりしており、
このためアメリカ国民の税金が
使われていることは誤りであり、
日本が独自に日本の防衛を行うべきとも主張し、
さらに日本の核武装を容認すべき旨の発言もした。

選挙戦を通じてTPP協定に終始反対の意思も明確にした。

こうしたことに日本政府は
どう対応するのかを明確にする必要がある、

さらに株価、為替相場などが
激しい動きをすることも予想され、
それらの影響も懸念される。

トランプ氏の当選には
多くの不安がつきまとう。

====

一方、私は、今回の当選をチャンス
と捉えるべきだろうと思っている。

これまで変えられなかった
日米関係の不都合な部分を解消する好機だ。

従前の価値観の中では
到底実現不可能なことができる
またとない機会なのだ。

このチャンスを確実なものとするためには、
政府のしっかりとした理念と 強い意思が必要だ。




さあ今日も、確実に前進します。
=====================
           2016.11.10
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



One Response to 11月10日 その3366『逢坂誠二の徒然日記』(5063)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください