12月4日 その3390『逢坂誠二の徒然日記』(5087)

掲載日:2016.12.04

今年の日めくりも、
残りが少なくなってきた。

函館でも、東京でも、
毎日、日めくりをめくるのが日課だ。

そろそろ来年の日めくりを
準備しなければならない。

====

昨日の函館は、雲のない爽やかな1日だった。

今日はちょっと雲が多いが、穏やかな感じだ。

朝の気温は零度。

夜には雨になる見込みだ。

日中の予想最高気温は、
14度にまで上がるとの予報だが、
本当にそうなるだろうか。


1)後援会

昨日は、私の後援会の総会、国政報告会、
そして忘年会を開催した。

多くの皆さんにおこし頂き、
わいわいガヤガヤと
楽しい時間を過ごさせて頂いた。

私が政治活動を継続できるのは、
後援会の皆さんをはじめ地元の皆さんの
支え、支援があってのものだ。

昨日は、そのことを改めて痛感している。

出席頂いた皆さんに、心から感謝している。


2)月と金星

昨夜は、西の空で月と金星が接近した。

月齢3日と月の光が弱いため観望の好機だった。

天文学者になりたいと思っていた時期があり、
昔からこの月と金星の接近は、
私の好きな天体ショーの一つだ。

四十数年前のクリスマスイブの夜、
集金をして歩いた際にも、金星と月が見えた。

あの寒さと、突き刺さるような金星の光を
今も鮮明に覚えている。

昨夜も、そうしたシーンを期待していたが、
夜の慌しさに紛れて、
空を見上げる余裕を失ってしまった。

何ともうっかり八兵衛となってしまった。

残念。


3)日露関係

15日、ロシアのプーチン大統領と
安倍総理の会談が、日本で行われる見込みだ。

今の時点で、会談の行方がどうなるか見えない。

しかし今年の夏頃に言われていた
北方領土の返還ないとの観測が広まっている。

領土は還ってこないが、
経済交流が強調される雰囲気だ。

今日になって、領土問題を先送りし、
先に平和条約を結ぼうと話が浮上している。

外交は難しいのは常識だが、
対ロシア外交は、
その中でも最も難しい部類に入るだろう。

結局は、領土は後回し、経済支援優先、
できればこの状態で平和条約締結、
これがロシア政府の意向のようだ。

でもこうなれば、
ロシアの北方領土実効支配状態を
日本が認める結果になる可能性が高い。

これでは、日本外交の大敗北と言える。



さあ今日も、確実に前進します。

==  2016.12.4  ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください