12月5日 その3391『逢坂誠二の徒然日記』(5088)

掲載日:2016.12.05

函館は雨の朝となった。

気温は6度と、朝としては高めだ。

朝9時頃まで、雨の予報が出ており、
定例の街宣活動を中止せざるを得ない状態だ。

何とも残念。

====

週末も精一杯、地元を走り回った。


1)手のひらを返す

安倍総理が、
11月中旬にトランプ次期大統領と
ニューヨークで会談をした。

日本では、これを評価するような
報道が多い印象を受けたが、私は、逆だ。

この階段は外交の常識を逸し、
日本にマイナスになると判断していた。

私のような指摘は、日本では少数派だと思うが、
ドイツなど他国の動きを見れば、
世界的には、私の評価は常識なのだと思う。

今日未明の共同通信のニュースからも
安倍外交の問題点が明らかだ。

==以下、引用==

安倍晋三首相が米ニューヨークで
11月中旬に行ったトランプ次期大統領との会談に関し、
米政府が事前に

「トランプ氏はまだ大統領ではない。
前例のないことはしないでほしい」

と強い異議を日本政府に伝えていたことが分かった。

日本側は、会談は非公式で
トランプ氏提案の夕食会は見送るとして理解を求めた。

しかし、米側は納得せず、
ペルーでの国際会議に合わせて調整していた
オバマ大統領との首脳会談は実現せず、
立ち話にとどまった。

日米外交筋が4日、明らかにした。
首相の外交姿勢に対する
オバマ米政権の不快感が明らかになった形だ。
==以上、引用終了==

このオバマ政権の指摘は当然なものだと思う。

安倍総理の行動はいかにも軽率で、
オバマ政権を見限った印象を与えることになる。

クリントン氏が当選できなかったからといって、
手のひらを返すような外交は、
人の付き合いにもとるものだろう。

就任前のトランプ氏との会談の席上に、
民間人であるトランプ氏の
娘と娘婿を同席させたのも問題だ。

こんなことでは真の信頼関係を築くのは難しい。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2016.12.5  ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください