12月10日 その3396『逢坂誠二の徒然日記』(5093)

掲載日:2016.12.10

今日は、土曜の朝の帰函となった。

120年ぶりの民法(債権法)改正の議論など、
密度の濃いウィークデーを過ごした。

週末は、地元でまた濃密な時間となる。


1)福島第一原発

以前から私は、福島第一原発の事故処理費用が、
倍増する、あるいはもっと増えると指摘していたが、
経済産業省がやっと、そのことを公表した。

その費用は従来の予想のおよそ2倍、
21兆5,000億円になるとの試算だ。

この試算をもとに経産省は
費用の負担について
来年3月までにまとめる方針とのこと。

いずれにしても国民負担になるのは間違いがない。

消費税なら、
一年分全ての税収を充てても
なお不足する額だ。

また過去に請求すべきだった費用も、
改めて、国民負担にする見込みだ。

結局は、原発発電は、
安くも、安全でも、
クリーンでもなかったということだ。


さあ今日も、確実に前進します。

== 2016.12.10 ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください