12月12日 その3398『逢坂誠二の徒然日記』(5095)

掲載日:2016.12.12

函館の夜明け前の気温は、氷点下7度。

昨日よりも、さらに気温が下がっている。

厳しい寒さの中、星が瞬いている。


1)活性化のために何が必要か

渡島桧山地域の活性化のために何が必要か。

国会議員として、
また私が首長なら何をするかなどを含め、
いつも様々なことを考えている。

====

一つは、空家対策だ。

近いうちに何とか具現化したい取り組みだ。

====

もう一つは、中長期的な視点での、林業振興策だ。

この50年近く、日本の林業は、真の意味で、
その重要性を認識して来なかった印象がある。

林業振興は、国土、水、空気を守り、
農業にも漁業にもプラスになる。

そして持続可能性のある地域づくりの基盤となる。

地域林業振興のために、
もっと力を注がねばならない。



2)安倍総理の外交

ロシアのプーチン大統領が、今週、来日する。

安倍総理が、今月、真珠湾を訪問する。

安倍総理は、どちらも政治的に大きな節目
と捉えているのだろうが、
国民にその真意は見えない。

ロシア関係については、
以前、政府は期待値を煽っていたが、
ここにきて火消しに躍起になっている
雰囲気を強く感ずる。

真珠湾訪問は、昨年から考えていたというが、
唐突感を拭い去ることはできない。

この二つは一体何を意味するのか、
改めてよく考えて見なければならないが、
日本の将来を誤るような発言を
安倍総理にさせてはならない。



さあ今日も、確実に前進します。

== 2016.12.12 ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



3 Responses to 12月12日 その3398『逢坂誠二の徒然日記』(5095)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください