12月19日 その3405『逢坂誠二の徒然日記』(5102)

掲載日:2016.12.19

昨日は、私用で名古屋を訪問した。

滞在4時間だったが、
名古屋駅周辺は随分と多くの人でごった返し、
相当に賑やかな印象を受けた。

1)日ロ会談

15、16日とロシアのプーチン大統領が来日した。

安倍総理と会談を行い、
随分と大きな成果があったかのように見えるが、
やはりそうは思われない。

官邸と外務省のHPを見ても、
あまり大きな成果には見えない。

安倍総理は、昨夜まで、多くのテレビに直接出演し、
今回の日ロ会談の成果を説明したようだが、
具体的な内容には聞こえず、感覚的なものに終始した印象だ。

ポイントは、幾つかあるが、今後は、これらの点に関し、
改めて政府の見解を問う必要があろう。

====


元島民の往来がしやすくなる方向
(これは成果だ。元島民の範囲が問題にだが)


領土交渉は一歩も進展なし
(後戻りがなかったのかを検証する必要あり)


四島において共同経済活動を行うための
特別な制度に関する協議の開始に合意
(ロシアの報道によれば
ロシアの主権のもとでの実施に感じられる。
両国の主権を侵害しない形で
実現させることは難しいのではないか)


経済に関し、8項目の協力プランの具体化の進展を確認
(この中に、4島でのものが含まれているとすれば、
ロシア主権下での実施を認めることになる。)


ロシア産の加熱処理済みの牛肉,豚肉等の
日本向け輸出の解禁
(こんなことが含まれているが、
どの程度の量が解禁されたのか)


安全保障に関し、対話や交流を継続する
(仲良く話をすることは一般論として悪くはない印象だが、
国後、択捉にミサイルが設置される等、
現実にそんなに単純な問題ではない)


ウクライナ、シリア問題等に関し
お互いに幾つかの発言をした
(国際的に見ると、これらの点について
日本が理解を示したかのように受け止められる懸念)

====

官邸、外務省のHPからは、成果がよく分からない。

今後、政府にこうしたことを再確認しなければならない。

私には、安倍総理の一人相撲に思われてならないし、
逆にそれが、今後に悪い影響を及ぼす懸念がある。

====

NHKは、今朝のニュースで
シリア内戦の問題を大きく取り扱っている。

本来このニュースは、日露首脳会談前に、
報ずべきことだろう。

意図的に今の時期に報道したとすれば、
それは完全に日本政府の太鼓持ちとなる。

意図なく今の報道だとすれば、
NHKの報道センスを疑わざるを得ない。

2)外国人

日本国民は、戸籍と住民基本台帳によって、
どの程度の方が、この日本列島に在住しているのかが
ほぼ把握できている。

ところが日本列島に、
日本国籍以外の外国人がどの程度存在しているのか、
この実態が把握できていないのが、
日本の現実のようだ。

この点、幾度か政府に問い合わせているが、
いつも明確な答えが返っては来ない。

これは日本の主権に関する大問題だ。

国会審議の合間を縫って、法的な側面も含め、
日本の現実を整理しなければならない。

今日は、これまで滞っていた書類整理を行い、
今後の予定を再構築だ。

さあ今日も、確実に前進します。

== 2016.12.19 ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



One Response to 12月19日 その3405『逢坂誠二の徒然日記』(5102)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください