12月20日 その3406『逢坂誠二の徒然日記』(5103)

掲載日:2016.12.20

昨日は、終日、書類整理に時間を費やした。

こんなことは久々。

でもそれによって、随分と心がすっきりとした。


1)大学祭

先日、道教大函館校の
2年半ぶりの学校祭にお邪魔した。

昨年の学校祭は、開催1カ月前に中止となった。

学校祭の企画案が決まらなかったり、
以前の学校祭の収支報告に遅れがあったりなど
によって学校側が中止を判断したらしい。


函教大は、2014年度に
国際地域学科へ改組となった。

それを踏まえ地域に開かれた
新たな学校祭の在り方を模索し、
今回の開催にこぎ着けた。

色々な大学の学校祭にお邪魔しているが、
学生も生き生きしており、
まずは復活第一回目は成功だっと感ずる。

今後は、企画から運営まで、
学生の自主性と自律性をさらに発揮して、
地域だけではなく、自分たちにとって、
さらに意義深い学校祭にして欲しいと思う。

持てる力を全力投入して、
精一杯取り組むこと、それに尽きると思う。

そしてもう少し背伸びをして、
地平線の向こうの社会も感じてもらいたいと思う。

来年も楽しみにしている。



2)地方財政

昨日、国の来年度の地方財政の枠組みが決まった。

2017年度の地方交付税総額は、
前年度比4000億円減の16兆3000億円。

自公への再政権交代以後、5年連続の現象だ。

臨時財政対策債(赤字地方債)は
3000億円増の4兆円で、
一般財源総額は4000億円増の
62兆1000億円となった。

地方税収は4000億円増の
39兆1000億円を見込んでいるが、
どうなるだろうか。

歳出特別枠は、2500億円減の2000億円。


====

一般財源総額は、何とか確保したが、
安倍政権への交代後、地方財政への風当たりは厳しい。


3)外国人技能実習制度

192臨時国会で、多くの方が待ち望んでいた
外国人技能実習制度に関する法律が成立した。

その施行に向けたパブリックコメントが始まっている。

受付は以下だ。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495160313&Mode=0


このパブコメ終了後、
意見に対する対応を行った後、
法律が本格的に動き出す。



さあ今日も、確実に前進します。


==  2016.12.20  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

iPadから送信



One Response to 12月20日 その3406『逢坂誠二の徒然日記』(5103)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください