1月2日 その3419『逢坂誠二の徒然日記』(5116)

掲載日:2017.01.02

新年の除夜の鐘がなる少し前から、
22時間近く、
ほぼ眠らずに新年の挨拶に歩き、
昨夜は、泥のように眠った。

もう少し、睡眠時間を確保したい。

今年も睡眠、運動、栄養のバランスに配慮しつつ、
頑張らねばならない。

====

夜明け前の函館、路面は濡れ、雪はない。

気温も零度前後だろう。


1)元旦の社説

恒例の元旦の社説だ。

====

【北海道新聞】
分断を修復する努力こそ

【朝日新聞】
立憲の理念をより深く

【毎日新聞】
世界とつながってこそ

【読売新聞】
反グローバリズムの拡大防げ

【産経新聞】
自ら日本の活路を開こう

【東京新聞】
不戦を誇る国であれ

【西日本新聞】
「九州力」呼び覚ます年に

【沖縄タイムス】
先人に学び、局面打開を

【琉球新報】
「復帰の誓い」今こそ米軍優先に終止符を打とう

【日本経済新聞社】
自由主義の旗守り、活力取り戻せ

【日本農業新聞】
転換期の針路 文明を問う 分断超え人間復興の時


====

12月31日深夜から
1月1日夜まで外回りをしていたため
今年はまだ社説を読めていない。

タイトルを見る限り、
「反」も含めグローバリズムが
キーワードの一つだろう。

そしてそれと民主主義の関係はどうなるのか。

こんなことが昨年から今年にかけて
世界の論点の一つだ。

国内的には、立憲主義、そして沖縄の基地問題、
地域の衰退や地域の活力、こんなことが論点だ。

今日も挨拶回りが続くが、
少し時間を確保して、
社説や元旦の新聞を読む時間を作りたい。



今夕、西の空で
月齢3日を過ぎた細目の月が金星と接近する。

その姿を見ることができるだろうか。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.1.2  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください