1月3日 その3420『逢坂誠二の徒然日記』(5117)

掲載日:2017.01.03

函館の私の自宅の周囲は雪がない。

こんな新春は珍しい。

今日の夜明け前の気温は、氷点下2度。

日中の予想最高気温は2度。

気候的には、非常に楽な冬となっている。

「春になって、しっぺ返しがなければ良いが。」

昨日、農家の方が勝った言葉が気にかかる。

暖か過ぎる冬だ。


1)一般参賀

新年恒例の一般参賀が、昨日、皇居で行われた。

今年の来場者は、多いだろうと予想していたが、
案の定、10万人近い方が訪れた。

私の知り合いも、函館から皇居に行ったはずだ。

昨年8月、天皇陛下が退位を滲ませる、
ビデオメッセージを発して以来、
国民の陛下に対する強い思いが高まっている。

また今年は、「ご感想」の発表を取り止めた。

多くの国民の皆さんが、陛下のことを案じているし、
陛下自身も、国民と日本の将来を
案じているのだと思う。

以下は、戦後70年に当たる
平成27年のご感想からの引用だ。

====

本年は終戦から70年という節目の年に当たります。

多くの人々が亡くなった戦争でした。

各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,
東京を始めとする各都市の爆撃などにより
亡くなった人々の数は誠に多いものでした。

この機会に,満州事変に始まる
この戦争の歴史を十分に学び,
今後の日本のあり方を考えていくことが,
今,極めて大切なことだと思っています。

====

このご感想に込められた陛下の思いを、
私たちは真摯に受け止めねばならない。


昨日は、朝から夕方まで、
色々なところに挨拶回りに伺った。

三ヶ日の最終日、今日も同様の活動となる。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.1.3  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください