1月16日 その3433『逢坂誠二の徒然日記』(5130)

掲載日:2017.01.16

今日午前、国会で会議があるため、
昨夜の最終便で上京した。

都内も北海道ほどではないが寒い。

今朝の都内も
氷点下3度程度まで下がっている。


1)共謀罪

共謀罪について、色々なところで話しているが、
そのことを知らない方々のほとんどだ。

特定秘密保護法ときに比べれば、
マスコミの問題意識が高いのが救いだが、
特定秘密保護法の問題点について、
さらに分かりやすく説明する必要がある。

何とかしなければいけない。


2)ギランバレー

漫画家のたむらあやこさんが、
自身の闘病体験を描いた漫画
『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー』を読んだ。

ギランバレー症候群は、
自分の体を守るべき抗体が、
逆に自分の神経を攻撃する自己免疫疾患だ。

難病指定されている。

たむらさんは、
看護師になってバリバリと仕事を開始した直後に、
この難病に見舞われた。

『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー』は、
その発病からの闘病記だが、
ユーモアたっぷりに描かれている。

本来なら、不安、絶望、苦しさなどに
満ち満ちているはずの闘病生活だろう。

それをあえて滑稽に描いているのだ。

家族間の諍いなども含め
闘病生活をギャグ風に描くことで
逆に辛さが伝わる。

その辛さの中でも
漫画を描こうとする思いが
ムクムクと湧き上がり、
実際に作品を完成させたこと、
素直に凄いと思う。

たむらさんの姿から、
大きな勇気を頂いた。

たむらさんのことを思えば、何でもできる。


そんな気にさせてくれる作品だ。


====

午前の会議が終了後、即、帰還する。

さあ今日も確実に前進します。


==  2017.1.16  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください