1月22日 その3439『逢坂誠二の徒然日記』(5136)

掲載日:2017.01.22

函館は、薄っすらと雪が積もる朝となった。

朝の気温は氷点下7度。

相変わらず寒い。

====

昨日も管内を走り回り、
多くの皆さんと話をさせて頂いた。



1)チャンス到来

アメリカのトランプ新大統領が
TPPからの離脱を正式に表明した。

この離脱を保護主義の復活などとして、
危機だと捉える方も多い。

確かに、世界や身近な社会が
どう変化するか分からない乱暴な発言に聞こえる。

だか、この間のグローバル化の進展に伴って、
中間層が失われ、格差が拡大したのは事実だ。

単にグローバル化や自由経済を叫ぶだけでは、
中間層の復活や格差の縮小に対応できないのは事実だ。

そして格差は、修復不能なほどに拡大している。

だから私は、今回のトランプ大統領の登場を
これまでの価値観を考え直す
チャンスと捉えるべきだと考える。

====

国家とは何か。

主権とは何か。

国民を守るとはどういうことか。

こうしたことを改めて考えるチャンスだ。

さらに経済のあり方を見直すチャンスでもある。

単に金が儲かっても国民は幸せにならない。

金儲けのために、国家主権を犠牲にし、
日本の文化や伝統を蔑ろにして良いとは思わない。

人に優しい経済とは何かを再検討するチャンスだ。

====

日本のマスコミは、
トランプ演説の内容がどうであるか等、
演説に点数を付けることを気にしているようだ。

それ以上に大事なのは、
こうした新政権を前にして
日本が何をするかだ。

トランプ大統領の登場は、
日本の理念を再考する大きなチャンスだ。



さあ今日も確実に前進します。

==  2017.1.22  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください