3月11日 その3487『逢坂誠二の徒然日記』(5184)

掲載日:2017.03.11

函館の朝の気温は氷点下4度程度。

スッキリと晴れ上がっている。

この時期になると、
子どもの頃、
かた雪になった近所の山で、
早朝に橇滑りをしたことを思い出す。

あの体験は2度とできないのだろうと思うと、
なんとも残念な感じだ。

====

今日で東日本大震災の発生から6年目となる。

この6年間に様々なことがあった。

あの日の午後、大手町にいた。

地震の発生とともに、即、総務省に戻った。

それから日常が全てが大転換となった。

それ以降のことを、今、思い出しても、
胸が苦しくなってくる。

あれから6年が経過したが、
福島第一原発の危機的状況は変化がない。

どのように廃炉に向かうのか、
その道筋と費用は未知数だ。

今日は、東京での追悼式ではなく、
地元函館で献花したいと思う。

====

昨日は、朝から大きなニュースが飛び交った。

韓国の朴槿恵大統領の罷免が決まった。

午後には、森友学園が小学校の認可申請を
取り下げるとのニュースが飛び込んできた。

さらに帰函中の飛行機内で、
南スーダンPKO撤退のニュースが入る。

どれもこれもビッグサイズのニュースで、
一日のニュース枠で収まらまない。

====

南スーダンPKOの撤収は、
現地の戦闘状態がどうなっているのか、
政府から情報が的確に伝わらないため
何とも評価のしようがない。

政府は、戦闘の激化や
PKO五原則が崩れたことが
撤収の理由ではないという。

私が心配するのは、
現地の実態を防衛省や政府全体が
確実に把握しているのかどうかだ。

情報が的確に伝えられ、
その情報に基づいて
確実な判断が行われたのかどうか、
こうしたことを検証しなければならない。

それにしても、PKO撤収の発表が、
なぜ昨日のあの時刻だったのか、
それも大いなる疑問だ。


今日は、地元で密度の濃い時間を過ごす。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.11  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



2 Responses to 3月11日 その3487『逢坂誠二の徒然日記』(5184)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください