3月14日 その3490『逢坂誠二の徒然日記』(5187)

掲載日:2017.03.14

昨朝は、定例の三箇所で2時間、
街頭に立たせて頂いた。

雪も少なくなって、
春の空っ風に埃が舞い始めている。

その影響で1日経った今も、
喉がイガイガしている。


1)森友学園問題

森友学園問題の行方がおかしい。

政府からほとんど情報が
出てこなくなっている。

これまでも政府の情報提供は、
小出しで最小限に感じていた。

ここに来て、さらに情報が出なくなった。

森友学園自身が、
学校開設認可を取り下げたため、
政府は早期の幕引きを画策している印象だ。

昨年春、深部から新たなゴミが見つかった際の
証拠写真とされるものの一枚が、
やはり不適切な写真だったことが判明した。

これでは何が正しいのか、全く分からなくなってしまう。

平成17年、稲田大臣が森友学園から
弁護士として仕事を受けていたことも判明した。

四国の獣医学部の新設に関しても、
不透明な経過が浮かび上がっている。

疑惑山積のこれらの問題に関し、
幕引きをさせていはならない。


2)NHKの危機


NHKは、今月10日から3日間、世論調査を行った。

その中の設問が酷すぎる。

共謀罪に関し、
政府の言い分そのままの説明を用いた世論調査なのだ。

この間の国会質疑を踏まえると、
この政府の言い振りそのものが
議論になっているにも関わらず、
完全に政府の側に立脚した設問設定だ。

NHKの設問は次のとおりだ。

====
政府が、組織的なテロや犯罪を防ぐため、
犯罪の実行前の段階でも処罰できるよう、
「共謀罪」の構成要件を厳しくして
「テロ等準備罪」を新設する法案を、
今の国会に提出する方針であることをめぐり、
こうした法整備が必要だと思うか聞いた

====

この設問は、次の点が大問題だ。

組織的なテロや犯罪を防ぐものかどうか分からないこと。

構成要件を厳しくしたとは言い切れないこと。

テロ等準備罪は、政府が便宜的につけた呼称であり
正式罪名かどうか判然としないこと。

政府が共謀罪を少しでも良いものに装うための
印象操作を行なっていることが
国会で論点になっているにも関わらず、
そんなことは全くおかまいなし。

政府の主張そのままの設問であり、
この点でもNHKが政府広報に成り下がっている。

極めて危険な状態だ。




今日も朝から国会で勉強会だ。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.14  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください