3月18日 その3494『逢坂誠二の徒然日記』(5191)

掲載日:2017.03.18

函館は雲のない爽やかな朝を迎えた。

朝の気温は氷点下3度程度。

日中は6度位になる見込みだ。

昨夕、北斗市内で開催された
新幹線に関するシンポジウムと
その後の交流会に参加する予定だった。

私の知り合いが発言者だったこともあり、
楽しみにしていた。

ところが昨朝、事務局から
「準備の問題、色々な都合があり
参加御遠慮頂きたい」
と電話連絡があったという。

だれでもが参加できる催しだったはずだが、
来ないで欲しいとは何とも驚き。

こうしたことを平然と行うことは、
理解できないことだ。

まあどんなに排除されようとも、
どう扱われようとも、淡々と虚心坦懐に
やるべきことに邁進しなければならない。


さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.18  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



One Response to 3月18日 その3494『逢坂誠二の徒然日記』(5191)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください