3月10日 その1687『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.03.10

< !DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

都内は弱い雨が降っている。

気温は4度程度、
日中も6度程度までしか上がらない。



1)朝の勉強会
昨朝の勉強会では、
電波のオークションについて、
専門家から話を聞いている。

====

賃貸マンションに例えると、

電波利用料は、維持管理のための共益費のイメージ。

電波を資産と考えた場合、
賃貸料が回収されていないのが現状。

オークション制度は、

電波の有効利用の促進、
電波の市場価値を反映でき、
歳入を国民に還元できる
透明性、公平性、迅速性が確保されるとのこと。


しかし、
落札価格の高騰による、
支払い困難、料金などに悪影響があったり、
応札者がいないケースもある。

免許人の権力が強くなる、
産業の寡占化が進む、
電波利用料と違い継続的な歳入が見込めないなど
マイナス面も指摘された。

====

オークションは、電波を配分するためのメカニズムであり
配分後のことについては、何らの影響を持っていない。

配分後のことを、
あらかじめキチンと決めておかないと、
応札者は、電波の価値を評価できないとの指摘もあった。

====

現在、オークションを導入するための
電波法改正案が国会に提出されている。

専門家の指摘も踏まえつつ、
しっかり議論しなければならない。



今日は、早朝のうちに函館に移動だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・3・10 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月10日 その1687『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください