3月26日 その3502『逢坂誠二の徒然日記』(5199 )

掲載日:2017.03.26

函館はスッキリと晴れの朝を迎えた。

何とも爽快な気分だ。

北海道新幹線の開業から今日で一年となる。

移動のバリエーションが広がり、
道南地域のへの来訪者が確実に増えている。

この良い動きをさらに加速できるよう
取り組まねばならない。


1)満額回答

内閣総理大臣夫人付の谷査恵子さんから、
籠池理事長に送られらファックスに対する、
安倍総理の答弁があまりにも酷い。

「ゼロ回答」「忖度ない」との答弁だ。

この問題を最初から調べていた方には
すぐに分かることだが、
結果はゼロ回答ではなく「満額回答」なのだ。

確かにファックスの一枚目には、
「現状ではご希望に沿うことは
できないようでございます」と記入がある。

しかし2枚目には、
有益費は「28年度での予算措置を行う方向で調整中」とあり、
現実に有益費約1億3千万円が、
年度当初に支払われている。

定期借地権に関しては、通常3年のものを
特別に10年で、表向き契約しているが、
実は賃料は定期借地権50年換算で
算定されているのだ。

契約書から読み取れないが、
算定基礎は50年借地なのだ。

この結果、年間賃料が2700万円となっている。

もし50年借地算定をしなければ、
年間賃料は3000万円を超えていたはずだ。


だからゼロ回答ではなく、
満額回答と答弁するのが、
現実に即した答弁だ。

安倍総理が、
「ゼロ回答」と答弁するのは、
私には事実に反する虚偽答弁に思われる。



さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.26  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



One Response to 3月26日 その3502『逢坂誠二の徒然日記』(5199 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください