3月27日 その3503『逢坂誠二の徒然日記』(5200 )

掲載日:2017.03.27

函館は、雲のない朝を迎えた。

夜明けまでには、まだ時間があるが、
明るい夜明けとなりそうだ。

朝の気温は1度程度だろうか。

====

昨日、久々に相撲を見た。

稀勢の里の優勝に心を揺さぶられた。

あの状況の中で、
心折れずによく頑張ったと思う。

あの強さを見習わねばならない。

====

昨日、北海道新幹線開業一年となった。

この一年で230万人余が利用し、
事前の想定を上回るという。

この背景には、開業初年度の
ご祝儀利用があるものと思う。

北海道新幹線が真の効果を発揮できるかどうか、
それはまさに今年からが本番となる。


1)問題の本質

「籠池さんを悪者扱いしてもこの問題は終わらない。」

昨日の街宣中に、
市民の方が発した言葉だ。

全く同感だ。

====

森友学園問題の大きな課題は、
財務省が何も喋らないこと。

財務省が情報を公開すれば
明らかになることがたくさんある。

しかし財務省は、
書類を廃棄したとして何も喋らない。

50年もの100年も昔のことならいざ知らず、
直接携わった職員がまだ在職しているのだから、
書類が無くても事実は明らかにできるはずだ。

だが財務省は喋らない。

ここに森友学園問題の
本質の一つが隠されている。

====

安倍昭恵さんには、
公費による5人が、
秘書役として仕事をすることが
可能な状態だという。

色々な講演などに、
こうした方々がついて歩くのだとすれば、
世間の人は、安倍昭恵さんを
私人とはみなさないだろう。

辞令が出ている意味での公人ではないが、
私人とは全く違う存在であることを
安倍夫人は認識しているのだろうか。

昨年8月6日、
沖縄高江のヘリパッド建設に反対している方々のもとを
安倍昭恵夫人が突如、訪問した。

日頃からテントで
ヘリパッド建設に反対している住民らからは、
怒りや戸惑いの声が多く上がった。

このとき昭恵夫人は、神妙な面持ちで
「(安倍総理に)伝えます。
こうして率直な意見を聞く機会がないので
ここに来たんです」と応じたという。


つまりどんなに私人だといっても、
安倍総理と直結する存在だと多くの人は捉えるし、
安倍昭恵さん自身も、
そのことを認識しているのだと思う。

安倍昭恵さんが単なる私人ではないのは当然だろう。

====

ところでこの森友学園問題を
国政の中では大したことではないと
指摘する方もいる。

しかし私には、そうは思われない。

隠蔽体質や責任の所在が不明確なことなど、
日本の行政が抱え込む
本質的な課題を包含した事案だろう。

加えて権力者、
つまり総理や総理夫人による行政の私物化、
それが色濃く出ている感じだ。

現時点でこの事案は、
全てスッキリ明確になるとは思われないが、
この問題の奥深さを曖昧にしてはならない。




昨日午後、新たに供用された臨港線の
石田文具交差点で街頭に立った。

多くの車が臨港線へと吸い込まれて行く。

車の流れが完全に変わった印象だ。

今日、平日には、その変化は
もっと顕著に出るかもしれない。

臨港線の開通によって、
函館の港の位置付けがもっと高まることを
大いに期待している。


今日は、朝7時から函館市内のホテルで
定例の勉強会を開催する。

今日の夕方からは、
地元脳から国会脳への切り替えだ。


さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.27  ==


まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン



2 Responses to 3月27日 その3503『逢坂誠二の徒然日記』(5200 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください