5月30日 その3567『逢坂誠二の徒然日記』(5264)

掲載日:2017.05.30

都内は、スッキリと晴れの朝を迎えた。

日中の予想最高気温は30度だ。


1)柏崎刈羽原発

昨日、柏崎刈羽原発の状況を視察した。

柏崎刈羽原発には、
1985年に運転を開始した1号機から、
1997年運転開始の7号機まで、
7つのプラントがある。

総定格電気出力は821万2千キロワットで、
世界最大規模となっている。

しかし2007年7月の中越沖地震以降、
2〜4号機は運転ができない状態が続いていた。

そうした中で、2011年3月の
東日本大震災が発生した。

新規制基準に適合させるために、
15メートルの津波にも持ちこたえられる等
現在、以下のような取り組みをしている。

====

防潮堤の増設、
防潮壁、防潮板、水密扉の設置、
配管貫通孔、ケーブルトレイ、電線管の防水対策、
消防車42台の高台配備、
フィルタベント装置の設置、
代替循環冷却系の設置、
原子炉建屋水素処理施設の設置、
大容量放水設備の配備、
ガスタービン発電車、高圧電源車の配備、
10万リットル軽油地下タンクの設置、
こうしたことを新規に実施しているという。

これらにこれまで要した経費は
6,800億円あまりというが対策はまだ必要。

今後の必要経費は不明とのこと。

こうした対策をしても次の問題点がある。

====

地下に砂の層があり防潮堤の強度が不足している。

免震重要棟が長周期地震動に対応できないことが判明。

敷地内断層が古いものか、新しいものか評価が割れている。

こんなことがあって、再稼働は簡単ではなさそうだ。

仮にプラントが規制委員会のお墨付きを貰ったとしても、
有効な避難計画の策定も難しいようであり、
この点も大きな懸念事項となっている。

====

こうした柏崎刈羽原発の状況を見ると、
原発を安全に維持し運転するためには、
発電という本来の目的とは別の様々なことを
膨大に行わなければならないことがよく分かる。

東電社員の方が、万が一の事態に備えて、
ショベルローダーの運転技術を習得したり、
道路の穴を埋める作業訓練をしたり、
消防自動車の扱いを学んだりしている。

もちろんこれは必要なことなのだろうが、
発電からかけ離れた
本末転倒なことのようにも思う。

====

原発の技術は、
最先端の科学技術の集合ではなく、
容器と管をつなぎ合わせるという、
古典的な技術の集合であることが、
新規制基準を見てもよく分かる。


多額の費用をかけて再稼働を目指すよりも、
もっと別の道があると
強く感ずる柏崎刈羽原発視察だった。



2)都合の良い解釈

共謀罪に関する国連の特別報告者の扱いについて、
日本政府の発表と国連事務総長の
ニュアンスが違っている。

外務省の発表によると、
事務総長は特別報告者の主張が
「国連の総意を反映するものではない」
と述べたという。

一方、国連の発表では
「特別報告者は人権理事会に直接報告をする
独立した立場の専門家」としており、
「総意ではない」とまで踏み込んでいない。

Regarding the report of Special Rapporteurs, the Secretary-General told the Prime Minister that Special Rapporteurs are experts that are independent and report directly to the Human Rights Council.

この英文を読む限り、外務省が
都合の良い発表をしているとしか思われない。


こんなことをして、
国民に真実を伝えない政府の姿勢を
厳しく批判しなければならない。



さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.5.30  ==



One Response to 5月30日 その3567『逢坂誠二の徒然日記』(5264)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください