6月9日 その3577『逢坂誠二の徒然日記』(5274)

掲載日:2017.06.09

都内の空、雲が多いが雨の見込みはない。

日中は28度位まで気温が上昇するようだ。

====

今日は、法務委員会の定例日だ。

一般質疑を行うよう
与党筆頭理事にお願いしたが無反応だ。

共謀罪も性犯罪厳罰化法案も、
衆院を通過したとはいえ、
まだまだ議論しなければならないことが多い。

その他、法務全般については課題が多い。

法案さえ通過させてしまえば、
そうした議論をさせない態度に憤りを覚える。


1)共謀罪

参院でも共謀罪法案の審議を
すればするほど問題点が明らかになっている。

政府は法案が閣議決定される以前から
「一般の人々は共謀罪の対象にならない」
と強弁していた。

ところが昨日の審議で、
組織的犯罪集団の構成員でない
「周辺者」も対象になると金田大臣が答弁した。

組織的犯罪集団に関わりのない方も
対象になるというのだ。

これまでと全く違う答弁だ。

====

「プライバシーや表現の自由を制約する恐れがある」と
法案への懸念を表明した
国連特別報告者ジョセフ・カナタチ氏の
書簡に対する日本政府の対応も不透明だ。

カナタチ氏に公式な英訳を
早期に送って説明するよう促したが、
外務副大臣は「英訳をしていない」、
「追って対応する」を連発するのみだ。

国連特別報告者から疑問が呈されたのなら、
その誤解を解くのが筋だが、
国会審議中に政府はそうしたことを
行うつもりはないようだ。


何とも不誠実な対応だ。

共謀罪法案は
もっともっと審議する必要がある。



今日は満月だ。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.6.9  ==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください