7月21日 その3619『逢坂誠二の徒然日記』(5316 )

掲載日:2017.07.21

函館も東京も暑く、
しかも不安定な大気の状態となっている。

梅雨明けの落ち着いた天候とは違った雰囲気だ。


1)混乱

落ち着かないのは、
日本の政治の情勢も同様だ。

安倍内閣が、一時の雰囲気と随分と変化した。

加計疑惑、PKO日報隠蔽など、
役所の内部から情報のリークが続いている。

また昨日も、霞ヶ関の複数の幹部が、
官邸から繰り出される方針について行くのが大変とか、
安倍総理の基本的考え方と齟齬がある旨の話をされていた。

特に中長期的戦略のなさを指摘した方がいたが全く同感だ。

獣医学会と山本大臣とのやり取りも酷すぎるが、
加計疑惑、森友疑惑、PKO日報隠蔽など、
情報を確実に公開し、誠実に釈明するしか道はない。

どんな条項でも良いから、
憲法を改正すれば良いでは、
国民の信頼は得られない。

真に改正が必要な項目は何なのかを、
もっと真摯に議論する必要がある。

私などは、現状を考えると、
急を要する改正項目が多いとは思われない。

とにかく懐の深い、
丁寧な議論をすることが大切だ。

====

一方、我が党も悩ましい状態が続く。

蓮舫代表から直接は聞いてはいないが、
野田幹事長を含む執行部を
交代させる意向を固めたようだ。

私は昨年から、
野田さんは影で蓮舫代表を支えるべきで、
前面に出てはならないと指摘していた。

ここに来てやっとそうした方向になる。

しかし誰が幹事長になるのか、
昨年なら適任者はいたのかもしれないが、
今の状態では相当に難しいのが現実だ。

思い切って若返りを図るか、
ベテランを起用するか、
そのどちらかだと思う。

その上で、我が党の立ち位置を改めて明確にして、
党勢回復の着実な戦略を構築する必要がある。

目先のことにうろちょろしてはダメだ。

下野してからもう既に4年以上が経過している。

この間の来し方についても、
キチンと整理、反省する必要がある。

====

政治の混乱で、
最終的にそのツケを払うのは国民の皆様だ。

厳しい状況だが、丹田に力を込めて、
落ち着いて将来を見通す必要がある。



さあ今日も、確実に前進します。
== 2017.7.21 ==



One Response to 7月21日 その3619『逢坂誠二の徒然日記』(5316 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください