7月29日 その3627『逢坂誠二の徒然日記』(5324 )

掲載日:2017.07.29

連日、法曹養成についてのヒアリングが続く。

昨日も、ドイツ連邦弁護士会、ドイツ連邦司法省で、
予定の時間を上回って話を伺った。

ドイツもイタリアも課題は多いと感ずるが、
聞けば聞くほど、日本がなぜあれほどまでに
法科大学院にこだわったのか、
さらに法科大学院を持たない法学部との
整合性をなぜ考えなかったのかなど疑問が沸く。

帰国後、これらの問題点を整理し、
日本の法曹人材の確保に向け、
何をすべきかを考えなければならない。

====

今回のドイツ訪問でも、
ペットボトルの飲み物は出なかった。

飲み物は全てのガラス瓶、
コップもカップも全てガラス製だった。

ドイツという国のこだわりを感ずる。

そして気づけば、今日は土曜日だ。

そのため今日は役所など
公的機関回りではできず、
午後にはストックホルムに移動となる。

今日も、確実に前進します。
== 2017.7.29 ==



2 Responses to 7月29日 その3627『逢坂誠二の徒然日記』(5324 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください