7月30日 その3628『逢坂誠二の徒然日記』(5325 )

掲載日:2017.07.30

昨夕、ストックホルム入りした。

ストックホルムは北緯59度に位置する。

これまで私が最も北に行ったのはモスクワ。

モスクワは北緯55度のはずなので、
自分の人生の中で、
最も北に来たことになる。

====

空港から真っ直ぐ、
在スウェーデンの 山崎大使の公邸に向かい、
大使から夕食を振舞って頂いた。

公邸の目の前の家は、
ABBAのリーダー的存在の
ビヨルン・ウルヴァースの自宅。

ABBAといえば一世を風靡した
スウェーデンを象徴する存在だ。

到着早々、そんな話題に触れ、ちょっと驚き。


1)ドイツの法曹

昨日までのドイツ弁護士などの概要だ。

====

裁判官:約2万人
検察官:約5千人
弁護士:約16万人

ドイツで弁護士になるためには、
法学部を卒業し、一次試験を経て司法修習、
さらに二次試験に合格しなければならない。

二次試験終了までに大学入学後、
最短でも8年近くを要する。

ドイツも法学部には定員がなく、
希望者は全て法学部に入学後できる。

最近では1万5千人が入学し、
二次試験受験者が8,500人余。

二次試験の最終合格は7,400人程度。

この二次試験の上位15%に入らなければ、
裁判官、検察官にはなれない。

ドイツの司法試験は、良い裁判官を選ぶ制度。

養成期間が長いことに対し、
質の確保が重要であり、
それは仕方がないとの判断。

人口8千万人のドイツで
16万人の弁護士数は相当な数。

だが弁護士の数を制限することは
憲法の職業選択の自由に反するとの基本認識がある。

二次試験合格者の進路(2012年)は、
裁判官検察1千人、弁護士4千人程度?、
その他は企業法務など(自動車、保険、大学、地方自治体など)。

一次試験の得点は、
大学内の重点領域科目試験が30%、
いわゆる国家試験部分に70%に配分。

国家試験の成績が悪いのに、
大学内試験の成績が良いケースが多く、
大学内試験を問題視する声も多い。(廃止も検討?)

司法省での次の言葉が印象的だった。

====

法要養成の目的は知識を詰め込むことではなく、
法曹として活動をできる力を身につけること。

====

これは私が大学時代に恩師である
小畠先生から言われたことと同様だ。

「物理化学を教えたつもりはない。
物理化学を通して、
ものを考える一般的な力を教えたはず。」

小畠先生からこんな言葉を頂いたが、
ドイツの法曹養成はそれに通ずるものがあり、
大きく心に残った。




今日は、日曜日のためストックホルム市内で
公的機関の訪問はできないが、
知日派国会議員であるポール・ヨンソン議員の配慮で、
国会議事堂を見学させて頂くことになっている。

その後、ヨンソン議員と意見交換を行う予定だ。

また日本商工会の皆さんとの意見交換も予定されている。



今日も、確実に前進します。
== 2017.7.30 ==



One Response to 7月30日 その3628『逢坂誠二の徒然日記』(5325 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください