8月2日 その3631『逢坂誠二の徒然日記』(5328 )

掲載日:2017.08.02

昨日は午後、帰国。

時差ボケを修正するため、
昨日から強制的に日本時間に合わせているが、
さすがに今朝は厳しい状態だ。

いつものとおり午前4起床は全く叶わず。
遅い目覚めとなった。

この雰囲気だと、時差ボケ解消には、
しばらく時間を要する感じだ。



1)欧州調査

今回の欧州調査、極めて有意義なものとなった。

百聞は一見にしかず、まさにそれを実感した。

特にイタリアでは、文献では分からない、
リアルな制度の現実が伝わって来た。

特に裁判官と検察官、
この二つの職と弁護士の位置付けは
随分と違うことだ。

つまり裁判官と検察官は公的職であり、
弁護士は、公的性格は強いが、
経済活動の中の自由な職業だということ。

三カ国に多少の違いはあるものの、
この点について、色々な場面で
強調されていたのが印象的だった。


2)代表選挙

欧州滞在中も
我が党の代表選挙に関する情報が、
随時、届けられていた。

その情報を聞きながら、 感ずることがある。


蓮舫代表の辞任は唐突で無責任。
国民の期待に応え、組織を守る覚悟がない


突然、次の代表を選ばねばならない状況になった


当然、党員・サポーターも参加する
代表選挙を行うのが本筋だが


この間、2015年、
2016年も代表選挙を行っており、
代表選挙の粗製乱造の印象


こんな状況で、代表選挙を行なって、
党員・サポーター、
さらには国民の関心が高まるのか


既視感ばかりが漂う、ああまたか。
国民はそんな印象しか受けないのではないか


現在、候補として名前の浮上している両氏は、
我が党において実績もある実力者だが、
この両氏に対する既視感も強いだろう


代表選挙も、候補も既視感の漂うもの。
こんな状態で代表選挙を行う意味があるのか


現執行部だけではなく、
長きにわたり党に関わってこられた
先輩にも参加頂いて、 今後の党のあり方を熟考すべき


さらに両氏が立候補した場合、
政策的に受け入れられるのか。
原発、エネルギー政策は譲れない一線。
両氏は私の思いと相容れないだろう

====

次の代表選びに向けてこんな印象をもっているが、
どうも党員・サポーターも含めた、
フルセットの代表選挙を行う方向のようだ。

何とも言えない割り切れなさを感ずる。



さあ今日も、確実に前進します。
== 2017.8.2 ==



One Response to 8月2日 その3631『逢坂誠二の徒然日記』(5328 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください