9月14日 その3675『逢坂誠二の徒然日記』(5372)

掲載日:2017.09.14

夜明け前のワシントンは、今日も雲が多めだ。

日中は、多少、雨になるかもしれない。

ワシントンに来ても、
時差があるというのに夜明け前から、
ごそごそと活動をしている。


1)ワシントン活動3日目

昨日は、今回の訪米のハイライトとなる日だった。

朝食会、昼食会、夕食会、
いずれにも識者にお越し頂き、
意見交換をしながらの食事となった。

その隙間に議員会館まわり。

午後には、
戦略国際問題研究所(CSIS)での
シンポジウムに登壇した。

このシンポジウムには、
100名をこえる皆さん、
さらにNHKのテレビカメラまで入る
盛況ぶりだった。

このシンポジウムでは、
日本のプルトニウム保有の多さと消費の難しさ、
つまりプルサーマルもフルMOXも難しいこと、
六ヶ所を稼働させないこと、
プルトニウム消費ではなく安全な形で保管すべきこと、
こうしたことを発信できたものと思う。

さらに原子力政策の転換に当たって、
日本ではアメリカの同意が必要だと語られる場面が多いが、
それは事実ではないことをアメリカ側の登壇者が発言し、
私からもそのことを念押しして確認した。

これらの点をはじめ人脈づくりなど、
極めて収穫の多いシンポジウムとなった。

そしてCSISという
権威あるシンクタンクで、
登壇できたことも大きな収穫だ。

====

議員との面談も極めて成果の多いものだった。

40年以上も核不拡散や
原発に関する活動を行なっている、
マサチューセッツ出身の
エド・マーキー上院議員は私と考え方が近い。

議会活動の合間を縫ってわざわざ議員会館に戻り、
予定された面談時間を大幅に上回って意見交換ができた。

今後も継続して、コンタクトを取ることにした。

====

夜も圧巻だった。

核科学者でプリンストン大学名誉教授の
フランク・フォン・ヒッペル氏と3時間に渡り話を伺い、
ざっくばらんに裃を解いて意見交換をした。

この場には、遠くテキサス大学からも
アラン・クーパマン先生が駆けつけた。

二人の専門家と、
包み隠しのない意見交換ができたことは
大きな成果だった。

====

ワシントンでも密度の濃い
隙間のない活動となっている。

今日も朝からあの有名な
ヘリテージ財団との朝食会、
さらに議員会館まわり、
識者を交えた昼食会、
夕食会が企画されている。

今日でワシントンでの活動が最後になるが、
精一杯、走り回りたいと思う。

また夕方には、記者会見も予定されている。

会見では、今回の訪問の成果を
確実に伝えたいと思う。


さあ今日も、確実に前進します。
== 2017.9.14 ==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください