9月16日 その3677『逢坂誠二の徒然日記』(5374)

掲載日:2017.09.16

ワシントンでの4日間の日程を終え、
現在、日本への機上の人となった。
(最近は、航空機内でも
ネットが使えることが多い。)

これまでも幾度か海外出張をしているが、
今回の渡航ほど、
精力的に動き回ることのできたものは
なかったと思う。

米国国会議員、政府高官、
有名シンクタンク、さらには学者、専門家など、
この4日間に100名近い皆さんと面談し、
さらには2度のシンポジウムで登壇することもできた。

戦略国際問題研究所(CSIS)
という有名シンクタンクと
米国議会外交委員会室での登壇は、
その成果の大きさもさることながら、
そうした場所で登壇できたことも
私にとって意義深いことだった。

従前の渡航にはないことが実現できたのは、
今回の渡航を支えていただいた多くの皆さんの
日本の原子力政策を何とかしたいという強い思いと、
それら各人の豊富な人脈と経験の賜物であり、
心から感謝している。

今朝の時点で新聞紙面での扱いはないようだが、
昨日、ワシントンで記者会見を行っており、
今後の日本の原子力政策に
少なからぬ影響を与えることになるだろう
と期待している。今回、多くの専門家、その道の著名人、
米国政府関係者、国会議員と
縁が得られたことも改めて大きな成果だった。今後、確実にフォローアップすることで、
今回の渡航が更に大きな財産となるものと思う。

特に核燃料サイクルは経済合理性が
皆無であることを米国で強く指摘されたこと、
日本の使用済核燃料再処理が
東アジアの軍事バランスに影響を与えることなどは、
今後の大間原発の建設凍結に大きな意味を持つものと思う。

厳しい日程の中で米国に移動したこと、
4日間、隙間なくワシントンを走り回ったこと、
日本への13時間以上に渡る飛行機移動と時差など、
諸々の要因から体力的には相当に厳しいが、
今回の成果をさらに生かすため、
帰国後も確実な対応をしたいと思う。

今日は最終の新幹線で帰函し、
明日は、江差、砂原などを回る予定だ。

さあ今日も、確実に前進します。
==  2017.9.16 ==



One Response to 9月16日 その3677『逢坂誠二の徒然日記』(5374)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください