9月25日 その3686『逢坂誠二の徒然日記』(5383)

掲載日:2017.09.25

夜明け前の函館、空に雲が少ない。

秋らしい空が広がっている。

公示まで15日だ。


1)安倍内閣の所業

今回の選挙は、2012年12月以降に
安倍内閣が何を行なったのか、
それを総括するものになる。

この5年近く安倍内閣の行いは、
戦後日本の価値観を大きく転換するものだった。

ざっくりと言えば、
明治憲法下での価値観に逆戻りした印象だ。

平和主義の後退。

国民主権から国家主権への移行。

基本的人権の毀損。

現行憲法の掲げる三大原則が大きく揺らぐ、
これが安部総理の政治だ。

こんなことで良いのか。

これが問われる選挙だ。

====

さらに社会の根底にある
大きな原則も揺らいでいる。

たぶん安部総理は、
民主主義を理解していない。

さらに立憲主義も理解していない。

だから我々の言葉が通じないのだ。

民主主義、立憲主義を理解しない方が、
明治憲法的な価値観を目指している。

これがこの5年近くの日本の動きだ。

こんな日本で本当に良いのか。

これが問われる選挙になる。

====

今日は、朝の街宣から屋外活動の開始だ。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.9.25 ==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください