9月28日 その3689『逢坂誠二の徒然日記』(5386)

掲載日:2017.09.28

公示まで、あと12日。

今日、衆議院が解散となる。

そのため昨日、上京した。


1)大転換

上京後、とんでもない情報が伝えられた。

前原代表が、来月の衆院選で
党として公認を一切しない方針を決めたらしい。

そして新党「希望の党」の公認を得て
立候補することなどを提案するという。

つまり民進党と希望の党の合流だ。

これで候補者は希望の党に一本化されるという。

党内で議論した形跡もないし、
極めて乱暴な話であるのは事実だ。

しかし野党が乱立すれば、
安倍政権を利することになる。

そのため北海道では、
野党統一に向けた動きをして来たが、
それとは全く別アプローチの統一だ。

現時点で情報が錯綜しており、
本日、大きな方向が決まるものと思う。

現時点で有権者の皆さんには
極めて分かり難い状況となった。

私は、今回の選挙のポイントは二つ。

安倍政権を継続させないこと。

大間原発の建設凍結を実現すること。

この二つが確実に実現し、
有権者の皆さんの最大の理解を得られる道を
私は確実に選択したいと思う。


2)大間原発

大間原発の建設凍結は、地域の皆さんの総意だ。

しかし、どの候補が、大間原発建設凍結に向け、
具体的な行動をしているのかを見極める必要がある。

私は、この間、大間原発の建設凍結に関し、
政府に大して数々の質問を行い、
大間原発を中核とする
政府の核燃料サイクル推進の姿勢を質して来た。

特に万が一の事故の際に
真に機能する避難計画が策定できない
函館地域の現状を訴えるなど、
政府に対し大間原発が非現実的なものであり、
世界の原子力規制基準に
外れていることも繰り返し指摘した。

また9月には訪米し、
アメリカ国務省高官、国会議員、
シンクタンクなどに対し、
日本が核燃料サイクルを推進することが、
世界や東アジアの安全保障上も
問題があることを説明した。

その結果、アメリカ国内でも
大間原発を中核とする日本の
核燃料サイクルは中止すべきとの声が上がっている。

私は、単に言葉だけで
大間原発建設凍結を述べているのではない。

大間原発建設凍結に向けて
具体的な行動を繰り返し行なっている。

どの候補が真に大間原発建設凍結に向け、
政権の喉元にヤイバを突きつけられるのか、
それをしっかりと見極めて頂きたいと思う。



さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.9.28 ==



7 Responses to 9月28日 その3689『逢坂誠二の徒然日記』(5386)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください