9月29日 その3690『逢坂誠二の徒然日記』(5387)

掲載日:2017.09.29

昨日は、衆議院が解散となった。

公示まで、あと11日。


1)劇薬

昨日、前原代表から、総選挙の対応に関し、
次のような驚愕の提案がされた。

====

一、
今回の総選挙における民進党の公認から内定は取り消す

二、
民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、
「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する

三、
民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、
「希望の党」を全力で支援する

====

昨日の常任幹事会、両院議員総会で、
様々な議論があったが、最後は了承となった。

前原代表は、
この驚愕の提案をした理由を
次のように述べた。


どんな手段を使っても、安倍政権を止める


もう一度、政権交代を実現するため


もう一度、我々の理想社会を作るために
名を捨てて実を取る


そのためには1対1の構図を作る必要がある

====

正論を粛々と積み重ねても、
今の安倍一強体制を突き崩すことはできない。

政治の局面を転換するためには、
尋常ではない手法が必要な場面があることも理解する。

一方、今回の提案は劇薬であり副作用も多い。

これまでの野党共闘にも多いなる影響が出る。


====

今回の提案によって民進党公認は消滅した。

希望の党に公認申請をするか、
無所属で出馬するか、現実的な道はこの二つだ。

党の方針は、希望の党への公認申請だが、
昨夜の前原・小池会談が中止になったように、
公認が認められる保証はない。

本日、地元議員の皆さんや後援会の皆さんに
今回の経過を説明し、
その後、どの道を歩むべきかを決定する。

しかしどんな状況であっても、
安倍一強を倒すこと、
大間原発建設凍結を目指すこと、
これらを確実に訴えることには、
何らの揺らぎもない。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.9.29 ==



16 Responses to 9月29日 その3690『逢坂誠二の徒然日記』(5387)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください