10月1日 その3692『逢坂誠二の徒然日記』(5389)

掲載日:2017.10.01

公示日まで、あと9日となった。

そして10月、神無月だ。

夜明け前の東の空、
地平線に徐々に赤味が差して来る。

函館の朝の気温は10度。

冷たい空気が、
夏の暑さを覚えている肌に刺さってくる。

====

今の状況を何と言えば良いのか。

希望の党への合流を、
前原代表が発表してから3日。

まさに混乱の3日間だった。

公示の9日前になっても、
帰趨の決まらない仲間が多い。

こんなことではポスターなど、
選挙に必要なものの印刷もできない。

この混乱に関し、
前原代表をはじめ幹部の皆さんは、
具体的な説明をしているとは思われない。

この不安定な状況を
何とかして打開しなければならない。

つい先日まで、国会で、そして各地で、
ともに戦った仲間の皆さんが、
安心して戦える状況を作らねばならない。

昨日は深夜まで、仲間の皆さんと電話で、
こうした状況について意見交換をした。

一方、全国の皆さん(一部海外から)から、
激励のメッセージやメールが届く。

本当に有り難いことだ。

私自身も厳しい状況に変わりはないが、
私の思いを地域の皆さんに
しっかり伝えられるよう、
ブレないで進みたいと思う。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.10.1 ==



8 Responses to 10月1日 その3692『逢坂誠二の徒然日記』(5389)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください