4月12日 その1720『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.04.12



昨日は天気予報通り、
雨の一日となったが、
今朝は、その雨も止んでいる。

夜明け前の南の空には、
月齢20日ほどの月が
まだ高い位置に浮かんでいる。

今日は晴れの予報で、
気温は20度を上回る見込みだ。

昨日の雨と風で、
桜も随分と散っただろうが、
まだまだ花を楽しめそうなところもあるようだ。

函館の気温も10度程度になる見込みだ。



1)総務部門
総務部門座長を務められていた加賀谷参議院議員が、
総務大臣政務官に就任したことにより、
新座長に稲見衆院議員の就任が、
昨日了承された。

稲見衆院議員には、
総務委員会の筆頭理事として
八面六臂の活躍をして頂いてい る。

今度は、その職に加えて座長として、
さらに大活躍頂けるものと期待している。

加賀谷新政務官にも多いの期待する。



2)地方議会議員
地方議会議員に関し、
幾つかの懸案事項を抱えている。

昨日もそれらについて、
要望を受けたり、議論をしたりと、
色々な動きがある。

====

【都道府県議会議員の選挙区】
標記について、都道府県議会議長会から
次の要望が継続的に行われている。

====

都道府県議会議員の選挙制度は、
明治11年の府県会規則以来、
一貫して郡市という歴史的行政単位が選挙区とされており、
郡市の地域代表という性格を強く有している点に特徴がある。

しかしながら、
大正10年の「郡制廃止に関する法律」によって
郡制が廃止された結果、
現在「郡」には行政単位の実質はなく、
さらに合併の進行によって
地域代表の単位としての
郡の存在意義は大きく変化している。

第29次地方制度調査会の答申では、
議員定数の法定上限を撤廃し
各地方公共団体の自主性に委ねることにより
議会制度の自由度を高めるとされた。

さらに、自由度を高めるとともに
地域間格差を是正する観点からは、
都道府県議会議員の選挙区の設定も
全国一律の基準とするのではなく、
地域代表と人口比例を調和させながら
地域の実情に応じて
自主的に選挙区を設定できることとすることにより、
住民意思を正しく議会に反映させ、
地域の振興を図る制度とすることが喫緊の課題となっている。

よって、都道府県議会議員の選挙区について、
「郡市の区域による」としている公職選挙法の規定(第15条)を改正し、
全国的に守られるべきルールを明らかにした上で、
地域の実情を踏まえ、
都道府県が条例で
自主的に選挙区を規定できるようにすることを強く要請する。

====

この点について、
私が座長を務める地方自治WTで議論をしているが、
議員間の関心がなかなか高まらないのが現実だ。

自治の充実は、
国家全体の民主主義にとって、
極めて大事なことであり、
今後、WTの議論を加速させたいと考えている。

====


多様な人材の確保や議席の固定化を防ぐことなどを目的として
条例で選挙区設定の自由度を高める


選挙区の設定にあたって、
客観性、公平性などを担保するための規定を設ける
(住民の意見聴取、第三者機関の設置など)


一人区が多くなる傾向があり、
複数人区の設置を慫慂する規定を設けるべきか

====

以上のようなことなどを念頭に
さらに議論を深めたい。

また、政務調査費、議員年金、
地方議会議員の身分の明確化などについても、
議論が必要となっている。



今日も早朝から勉強会があり、
日記はこれで終了し、出勤の準備だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・4・12 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 4月12日 その1720『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください