10月4日 その3695『逢坂誠二の徒然日記』(5392)

掲載日:2017.10.04

公示日まで6日となった。

民進党の前原代表が、
今回の大混乱について、昨日、
「全てが想定内だ。
自分の判断は正しかったと思っている」
と強調したと報じられている。

政治の世界は何でもありだし、
今回の判断は副作用の極めて強い
劇薬であることは繰り返し述べて来た。

しかしこの時期に、前原代表自身が、
全てが想定内と言い切るべきか。

仮にそれが本当だとしても、
いやそれが本当であるならば本当であるほど、
この言葉は、後の時代に状況が落ち着いてから
回想的に言うべき言葉だろう。

今、この時点でこの言葉を吐くことは、
苦し紛れの言い訳か、
手柄を焦る見栄にしか聞こえない。

あるいはご自身の弱さの現れかもしれない。

この騒動の渦中で
大きな迷惑を被っている方々の
怒りの火に油を注ぐものだ。

まあそんなことは、
もう私にとってはどうでも良い。

私なりに私の信念を貫いて進んで行きたい。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.10.4 ==



5 Responses to 10月4日 その3695『逢坂誠二の徒然日記』(5392)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください