10月5日 その3696『逢坂誠二の徒然日記』(5393)

掲載日:2017.10.05

公示日まで5日となった。

函館の朝は寒い。

気温7度。

日中は秋晴れ、17度になる見込みだ。


1)大間原発

大間原発の建設凍結、
これは地元の皆さんの総意だ。

しかし、9月19日、世耕経産大臣は、

「核燃料サイクルを推進する
国の基本方針にかわりはない」 と、

青森県の首長さんとの会談で明言した。

私との国会質疑の中でも、
同趣旨の発言をしているが、
今回、それをさらに明確にした。

安部政権は、
核燃料サイクル(大間原発)推進だ。

ここに何としても楔を打ち込まねばならない。

====

核燃料サイクルの中核が 大間原発だ。

核燃料サイクルを推進することは、
大間原発推進と同趣旨なのだ。

====

大間原発に事故があれば、
函館をはじめ道南地域の皆さんは、
避難することはほぼ難しい。

世界の原発規制基準では、
このような場所に原発を作ってはならない。

日本の原発の規制基準では、
国民の命を守ることはできない。

国民の命を守るために大間原発は、
稼働させてはならない。

====

日本のプルトニウム保有量も問題だ。

現在、既に47トンもの
プルトニウムを抱え込んでいる。

これは原発換算で、
5〜6千発分と言われる。

核燃料サイクル推進によって、
六ヶ所の再処理工場も稼働する。

これによってさらにプルトニウムが
増加するおそれがある。

過日のワシントン訪問でも、
この点について議論した。

日本のプルトニウム保有は、
東アジアの安全保障バランスを崩すおそれがある。

北朝鮮などを刺激する懸念があるのだ。

またアメリカは、核燃料サイクルは
あまりにもコストがかかり過ぎるため 断念した。

安全保障面からも、コストの面からも、
核燃料サイクル(大間原発)は実施してはならない。

このことをしっかりと主張したい。

さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.10.5 ==



2 Responses to 10月5日 その3696『逢坂誠二の徒然日記』(5393)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください