10月6日 その3697『逢坂誠二の徒然日記』(5394)

掲載日:2017.10.06

函館の朝の気温は7度。

今朝は寒さで目が覚めた。

公示日まで4日。

この4日には、週末、祝日を含む。

今日は、公示前、最後の平日だ。


1)地域があって、国がある。

今回の選挙は、安部政権を倒す、
大間原発建設凍結などが、
北海道8区では議論になると思う。

一方、憲法や地域活性化、北朝鮮問題、
消費税、医療・福祉・教育、
一次産業振興なども議論になる。

地域振興や国づくりの基本的考え方が、
多分、安倍政権と私は大きく違っていると思う。

安倍政権は、
大企業やお金持ちをさらに儲けさせ、
その儲けがいずれ地域や庶民に回る、
そんな経済をイメージしているのだろう。

もっと言えば、
富める者を、強い者を強くすることで、
社会全体を引き上げる、
上からの経済・政治なんだと思う。

私の発想はそれとは逆だ。

私のスローガンは、
「地域があって、国がある。」だ。

こんな言い方もできる。

「地域の元気、それが日本の元気。」

つまり上からではなく、
地域からの地方からの政治・経済だ。

上から降り注ぐ政治・経済を否定はしないが、
基本の考えは、
泉が湧き出るように
地域から政治・経済の渦を作ることだ。

====

例えば6 次産業化や地域再生エネルギー振興、
公共投資や公共調達の小口発注による
中小企業の受注機会増加などで
地産地消型の経済を樹立することが大事だ。

また地域経済をしっかりとするためには
教育への投資は不可避だ。

特に出産前からの子育て支援強化と
教育費用の低減化無償化によって、
家庭環境や所得の状況に関わらず、
望む教育を受けられることが大事だ。

また北海道経済の基盤は一次産業だし、
これは国家の礎(もとい)でもある。

一次産業、特に農業への所得補償と農業基盤整備、
栽培漁業振興、林業予算増加などが重要だ。

社会保険料事業主負担軽減をはじめ中小企業への支援。

人材育成や医療福祉系教育整備。

災害に強い高速交通網の整備など。

これらを総合的に組み合わせた政策を展開すると同時に、
食と体験を基盤とする観光の振興。

こうしたことが地域経済を強くすることになる。

====

大企業が強くなることは否定しないが、
その強さが個々人のレベルに、
無理なく波及するのは、
これまでの歴史を見る限り簡単なことではない。

内発的に地域から湧き上がる政治・経済を作ること、
それが個々人や地域の元気の素になる。

地域があって、国がある。

この考え方が大事だと思う。

もっと言うならば、
個々人があって、国があるのだ。

多分、安倍さんの見ている国家像と
私の国家像の違いは、
この辺りにあるのだと思う。

====

昨日は、500人以上の
皆さんにお会いしただろうか。

今日も丁寧に地域を歩く。


さあ今日も、確実に前進 します。
== 2017.10.6 ==



One Response to 10月6日 その3697『逢坂誠二の徒然日記』(5394)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください