10月16日 その3707『逢坂誠二の徒然日記』(5404)

掲載日:2017.10.16

投票日まで6日。

昨日は、終日、函館、
北斗市内を走り回った。

街頭演説、個人演説会なども多数実施。

個人演説会には、以前にも増して
多くの方にお越し頂いた。

選挙への関心の高まりを強く感じている。


1)期日前投票

遊説中に、
もう既に期日前投票に行ってきたよ
と声をかけられることが多い。

不在者投票と違って、
今は、気軽に期日前投票ができる。

投票日当日は、天候が悪化したり、
予期しない用務が発生したり、
確実に投票所に行けない場合もあろう。

多くのみなさんが、
主権者として投票の権利を
しっかりと行使するため、
機会があれば、是非、
期日前投票に行って頂きたいと思う。


2)LGBT

LGBTに関し、色々な質問を受けることがある。

結婚やトイレの問題、
さらに財産分与のことなど、
現実的に解決しなければならない
極めて重要な課題が多い。

一方、子どものころからLGBTや
障がいなど多様な立場の方々を
寛容に受け入れる心の醸成が大切だと思う。

社会全体にそのような認識が共有できるような
教育や学習の場の実現に力を尽くさねばならない。


3)立憲民主党

比例区で立憲民主党に投票したいのだが、
何と書けば良いのかと質問を受けることがある。

もちろん「立憲民主党」と書けば良いのだが、
略称は何が認められるのか。

総務省の見解は以下だ。

「民主党」、
「立」、
「立憲」、
「立民」が有効。

しかし総務省は、
「民主」と書いた場合の見解は示しておらず、
これは各開票所の判断に委ねられることになる。

したがって「民主」とは書かない方が良い。



さあ今日もブレずに、曲げずに
確実に前進 します。
==  2017.10.16 ==



One Response to 10月16日 その3707『逢坂誠二の徒然日記』(5404)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください