10月25日 その3715『逢坂誠二の徒然日記』(5412)

掲載日:2017.10.25

昨日、約ひと月ぶりに議員会館に来た。

ひと月分の日めくりを一枚いちまいめくり、
この一ヶ月間を振り返った。

9月27日、解散前日の朝、私は朝市にいた。

その時に比べると、
今の永田町は全く想像もつかない状況になっている。


1)数合わせ

昨日、立憲民主党の初の両院議員総会が開催された。

枝野代表は次のように述べた。

====

永田町の数合わせにコミットしていると誤解されれば、
いただいた期待はあっという間にどこかに行ってしまう。
権力ゲームとは距離を置く。

====

マスコミの皆さんから、
国会対策を考える上で、
今後、どう勢力を拡大するのか、
そういった点ばかりを聞かれるが、
枝野代表の発言は、
それとは明確に距離を置く発言だ。

数合わせの議論は、
戦前から永田町での当たり前の議論であり、
それを訳知り顔に話すと、
いかにも政治通のような雰囲気が漂う。

しかし理念や政策という、
政治が担うべき本質を
外したものであることは間違いがない。

しかも国民には分かりにくい。

権力ゲームから距離を置くとの発言は正論だろう。

一方、国会対策という
現実の国会運営を考えると、
数が多い方が良い。

この現実と正論のはざまを埋めるためには、
立憲民主党とという生まれたての政党が、
政党のあり方を今以上に明確に打ち出して、
より多くの国民の皆さんの共感を得る必要がある。

国民の支持のない、
単なる数合わせの権力ゲームは、
永田町のだけのご都合政治とも言える。

永田町のあらゆる出発点は、
国民の皆様、国民の支持であることを
忘れてはならない。



今日は朝、帰函し、地元活動に専念する。

さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進 します。
==  2017.10.25 ==



2 Responses to 10月25日 その3715『逢坂誠二の徒然日記』(5412)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください