11月1日 その3722『逢坂誠二の徒然日記』(5419)

掲載日:2017.11.01

11月だ。

都内の朝の気温は10度程度。

日中は20度程度の見込みだ。


1)議論せず逃げる

総選挙後の第195特別国会が、
今日、召集される。

しかし特別国会の会期が決まっていない。

自民党は「8日間」を提案している。

連休もあるし、アメリカ大統領も来日する。

これでは何の議論もすることはできない。

政府与党が、国会をこのまま閉会し、
臨時国会も見送れば、
2017年の会期の合計は159日間だ。

現憲法下で2番目の短さだ。

1947年の憲法施行後の70年で、
年ごとの会期の合計は平均229日。

もちろんこれに遠く及ばない。

来年の通常国会まで、国会を開かなければ、
今年の6月18日の通常国会閉会以降、
半年以上も国会が開かれないことになる。

安倍総理が、森友加計問題に関し、
「国会で質問されれば丁寧に答えたい」
と語った姿勢は嘘だったのか。

安倍総理は、議論せずに
逃げることだけを考えている。


2)新しい役職

昨日、枝野代表から、
今国会で、私は次の役職を担うよう、
要請があった。

====

予算委員会野党筆頭理事
(野党全体の取りまとめと与党との交渉窓口)

政務調査会会長代理
(長妻会長を補佐するナンバー2となる)

エネルギー調査会会長
(原発ゼロ法案などエネルギー政策取りまとめの責任者)

====

いずれも重たい役職であり、
地元に戻る時間が
激減することが予想される。

しかし代表からの強い要請もあり、
引き受けることになった。

落ち着いて、全力投球したい。


さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進します。
== 2017.11.1 ==



2 Responses to 11月1日 その3722『逢坂誠二の徒然日記』(5419)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください