11月2日 その3723『逢坂誠二の徒然日記』(5420)

掲載日:2017.11.02

都内の朝は雲が少ない。

夜明け前の気温は10度。

日中は20度になる見込みだ。

昨日は、第195特別国会の召集日。

今回は、道内の立憲民主の
新人議員4名とともに初登院した。

新人議員にとってはまさに初登院となるが、
私も2005年に
初めて国会に来た日のことを思い出しつつ、
登院ボタンを押させて頂いた。


民主党から
党本部の場所も新たな立憲民主党へと変わって、
心機一転、初心を忘れずに全力を尽くしたいと思う。

====

政府与党は国会の会期を8日間として、
何の審議もしない意向だった。

しかし昨日の午前になってやっと、
12月9日までの39日間の
会期を確保することになった。

これで総理の所信、代表質問、
予算委員会、各大臣の所信と質疑、
こうしたことが行われる見込みとなった。

6月18日に通常国会が終了して 5ヶ月あまり、
やっと国会審議に入ることができるが、
もう少し会期を伸ばすことは可能だろう。

しかし安倍総理は、
なるべく議論したくない
というのが本音なのだと思う。

====

昨日は、ラジオ文化放送への生出演、
テレビタックルの収録もあった。

テレビタックルは、二時間あまり収録し、
それを短く編集する。

いったいどのような番組になるのか、
楽しみでもあり、不安でもある。

====

今日は早朝から原発ゼロの会の世話人会。

本会議、委員会もある。

夜には最終便で帰函。

今日もフル回転の1日となる。


さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進します。
== 2017.11.2 ==



3 Responses to 11月2日 その3723『逢坂誠二の徒然日記』(5420)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください