11月9日 その3730『逢坂誠二の徒然日記』(5427)

掲載日:2017.11.09

今日は、朝から原発ゼロの会の世話人会だ。

午前中は、国会で仕事を行い、
昼の飛行機で帰函。

午後から地元で用務があり、
最終便で再度上京となる。


1)原発ゼロ

立憲民主党の
エネルギー調査会の会長を拝命した。

大きな使命は、原発ゼロ基本法を
国会に提出することだ。


早速、その作業を開始しているが、
道のりは簡単ではない。

いくつか盛り込むべき項目について
議論が進んでいる。

まだ決定ではないが、以下はその一例だ。

====


30キロ圏全ての自治体の
同意がなければ再稼働しない


実効性のある避難計画が
策定できなければ再稼働しない


40年廃炉ルールの厳格化


原発立地地域再生のための特別措置法


原発保有電力会社に対する特例的措置

====

こうした項目などを念頭にしつつ、
原発ゼロ基本法案の
策定作業を急ぐことにしている。

またこうした法案策定を、
国会内だけで行うのではなく、
全国を回って討議型世論調査なども行い、
国民の皆さんの意見も伺ってみるべきだと
個人的には考えている。


2)大間原発

昨日、函館市の大間原発訴訟の
14回公判が東京地裁で行われた。

傍聴のため東京地裁前で整理券取得で並び、
弁護団の皆さんと一緒に施設内に入った。

しかし急遽、党の会議が招集され
そちらに向かうことになり 何とも残念。

その後、院内での訴訟報告会にお邪魔し、
9月の訪米の様子、
原発ゼロ法案への取り組みについて
簡単に報告させて頂いた。



今日は冒頭に記したとおり、
いつにもましてフル回転の1日となる。

頑張らなければ!!

さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進します。
== 2017.11.9 ==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください