11月13日 その3734『逢坂誠二の徒 然日記』(5431)

掲載日:2017.11.13

新しい週の始まりだ。

明日にも衆院文部科学委員会が
開かれる可能性がある。

それに備えるために、昨日、都内入りした。

しかし自宅のネットの調子が
あい変わらず悪く仕事にならない。

何度、電話をしても、
パソコンやタブレットの設定は大丈夫かとか、
メモリは足りているかなど、
周辺環境の問題に引き込もうとして
自社の機器について十分な対応をしようとはしない。

私は複数台のタブレット等を使用している。

それら全てがよその場所での通信には問題がない。

とすれば我が家の通信環境そのものに
問題があると考えるのが妥当だと思うが、
その点について十分な対応をしない
大手通信会社の態度に業を煮やしている。



1)お詫び

10月22日の選挙直後から、
私個人宛にたくさんのメールを頂いた。

本当に有り難く、心から感謝している。

しかしそれらへの返信が
全くままならない状態で、
本当に申し訳なく思っている。

何とか少しずつでも返信できればと思う。


2)学生募集など

加計学園の獣医学部開設に関連し、
韓国で学生募集、あるいは学生向説明会を
開催しているとの報道があった。

日本国内の獣医不足が
今回の特区申請の理由の一つと理解しているが、
そんな中、韓国で学生募集することに
違和感を覚える方は多いだろう。

さらに設置認可前の学生募集は禁止のはずだ。

本当に学生募集しているだろうか。

何とも不可解なことだらけの加計学園だ。

====

11月9日に大学設置新審議会から、
加計学園の獣医学部新設を認める答申が出されたが、
この際、他の大学についても同時に答申が出ている。

これら他大学も加計学園と同様に
8月末に答申ができない理由があったのだろうか。

合理的な理由もなしに加計学園と同様に扱われ
二ヶ月半も答申が遅れたとすれば、
他大学の皆さんが被った損害は大きい。

加計学園と道づれにされた他大学は、
学生募集などの点で
大幅な出遅れを余儀なくされているはずだ。

政府はその出遅れをどう埋め合わせするのだろうか。

====

また加計学園と千葉の医療福祉大学、
この二校の特区認定過程に
随分と違いがあるとの指摘も多い。

この点も詳細を整理しなければならない。


さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進します。
== 2017.11.13 ==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です