11月17日 その3738『逢坂誠二の徒 然日記』(5435)

掲載日:2017.11.17

過日のトランプ大統領の来日、
一体、何の成果があったのだろうか。

今、改めて思い返している。

大統領の来日前に、イバンカ補佐官が来日した。

日本のテレビは、
政策以外のことに力点を置いて報道した。

そんな印象を受ける。

散歩したとか、何を食べたかとか。

そうしたことに政策上の
重要なヒントが隠されていることもあるが、
本来的にはそんなことはどうでも良い話だ。

だがテレビは、そうした画像を流しつづけた。

それに引き続く大統領の来日。

両者の来日で結局、どんな成果があったのか。

そのことはハッキリしない。

====

そもそもトランプ大統領には、
過激な発言や自分に不都合なニュースを
フェイクと決めつけるなど危うさが伴っている。

またメキシコとの国境に
壁を建設すると公言することをはじめ
極端な保護主義的な考えが根底に流れている。

こうしたことをすっかり忘れたかのように、
礼賛一辺倒では足元をすくわれかねない。

もちろんあえて険悪な雰囲気を作る必要はない。

しかし暖かくも醒めた心で対応しなければ、
最終的には武器購入を
約束しただけの結果に終わりかねない。

来日の騒動から10日が経過したが、
ほとぼりが冷めた今の段階で、
今回の来日を改めて整理する必要がある。

====

今朝は、喉の痛みで目が覚めた。

風邪が悪化している。

7月の訪欧以来、
ずっとろくな休みも取らずに走り続けた。

そのツケがきた感じがする。

この週末は、
少しでも睡眠時間を増やさねばならない。

さあ今日もブレずに、曲げずに、
確実に前進します。
== 2017.11.17 ==



4 Responses to 11月17日 その3738『逢坂誠二の徒 然日記』(5435)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください