12月4日 その3755『逢坂誠二の徒然日記』(5452)

掲載日:2017.12.04

昨日、車椅子バスケットボールに初挑戦した。

昔、バスケットボールをやっていたことがあり、
バスケットには多少の心得があるつもりだった。

しかし車椅子からのシュートは、通常とは大違い。

使えるのは当然、上半身だけ。

脚や腰が全く使えなため、シュートに勢いがない。

力を込めると反作用で、車椅子が後ろに下がって、
込めたつもりの力が逃げてしまう。

しかもドリブルをしながら、 車椅子を操るのも至難の技。

観戦するのと実際に競技をするのでは、全く要領が違う。

良い体験をさせて頂いた。

====

昨日、クルーズ船用の若松埠頭整備事業の着工式が行われた。

工事は青函連絡船摩周丸の右舷側で実施される。水深10メートル、長さ360メートル(桟橋部250メートル)の岸壁を整備。
来年秋には暫定供用される。
この埠頭は、JR函館駅や函館朝市など、函館の賑わいの中心地域に隣接することになり、クルーズ船利用者にとっても、地元で観光に携わる皆さんにとっても、大きなプラス効果が期待されている。
若松地域は、1988年まで青函連絡船が着岸する、北海道の玄関口だった。
私自身もこの場所を何度利用したか分からない。
北海道人にとってみれば、
人生のメモリアルポイントとも言える場所だ。
クルーズ船によって、この場所に再度、光が当たることは、函館だけではなく、
北海道全体にとっても意味のあることだと思う。
この岸壁の整備を一つの契機にして、 青函連絡船「摩周丸」を北海道遺産に登録するなど、忘れられようとしている北海道の歴史を振り返り、この場所へのクルーズ船の来航が
さらに意味のあるものになればと思う。
私自身も、岸壁の一日も早い完成に全力を尽くしたい。 
====
今日は、早朝から福島第1原発に向かっている。
事故後、毎年秋に訪問しているが、
今年は選挙もあり、この時期となった。
事故対応の進捗状況を確実に視察したいと思う。 

さあ今日も確実に前進します。
=======
    2017.12.4
=======



One Response to 12月4日 その3755『逢坂誠二の徒然日記』(5452)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください