12月5日 その3756『逢坂誠二の徒然日記』(5453)

掲載日:2017.12.05

都内の朝、気温は4度だが、
日中は14度程度になる見込みだ。



1)福島第1原発

昨日、朝早く東京を出て
福島第1原発を視察した。

これは、超党派の議連「原発ゼロの会」が
毎年行なっているものだ。

私も事故後、毎年、訪問しており、
自分なりに経年変化が見える感じがする。

====

結論を先に言えば、
地震発生から6年が経過したが、
事故の深刻さは何も変わっていない。

何年でキチンと廃炉にできるのか、
どの程度の費用がかかるのか、
帰還困難地域には帰ることができるのか、
こうした点は、何も明確になっていない。

とにかく今できることをやっている。

そんな印象だ。

これしか対応のしようがない、
それが原発事故の現実だ。

====

2015年10月に海側遮水壁が
ほぼ完成し閉合作業が行われた。

それによって海に流れる放射性物質は減った。

しかし震災前の10倍以上の
放射性物質濃度が確認されている。

事故直後に比べると随分減ったのは事実だが、
今も海の汚染が続いているのも事実だ。

====

かつて1日に400トンの汚染水が出ており、
それを貯めるために、容量千トンのタンクを、
二日半に一基ずつ準備していた。

それを地下水の汲み上げなどによって、
1日に200トンあまりまで減らしたという。

しかしタンクを作り続けている現状に変化はない。

漏水し易いボルト締めタンクから、
溶接型タンクへの取り替えは、今も行われている。

====

雨水の土壌浸透を防ぐことなどを目的に、
発電所敷地の多くの部分を
コンクリートで覆う作業が行われている。

これによって地下への浸透水は減ったようだが、
逆に汚染された雨水が直接、
海に注ぎ込む可能性も高くなっている。

====

凍土遮水壁はほぼ完成のようだが、
効果は、今後、時間をかけて
検証しなければ分からないとのこと。

また凍結が進むことで氷壁が厚くなり
既存配管を圧迫する懸念もあるとか。

凍土遮水壁は、分からないことが多い。

====

作業員の被曝線量は減っているとのことだが、
示されたグラフからは判然とはしない。

東電社員よりも他社作業員の
被曝線量が多いのが実態。

個別具体の作業は、
他社社員が行なっているためと思われる。

何となく腑に落ちないが、
作業の実態からはそうならざるを得ない。

====

使用済み燃料の取り出し開始は以下。

1号機と2号機:2023年度目処
3号機:2018年度中頃

終了時期は、いずれも不明。

====

燃料デブリの取り出し開始は以下。

初号機の方法の確定:2019年度
初号機の開始時期:2021年内

終了時期は不明。

デブリは、取り出し方法も問題だが、
取り出した後、それをどう保管するかも大問題だ。

====

これに加えて様々なレベルの廃棄物の処理は、
必ずしもその扱いは明確ではない。

敷地内に留め置く方針のようだが、
それも簡単ではないだろう。

====

最後にコストだが、
これもよく分かっていないのが現実だ。

燃料デブリ取り出しの方法も決まらないのだから、
コストが決まらないのは当然だが、
相当額のお金が国民の懐から出るのは間違いがない。

福島の現場を見るたびに、
原子力発電から一日も早くてを切らねばならない、
そのことを強く感ずる。


さあ今日も確実に前進します。
=======
    2017.12.5
=======



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です