12月13日 その3764『逢坂誠二の徒 然日記』(5461)

掲載日:2017.12.13

昨日は、松前を訪問した。

その後、函館市内で挨拶回りや、
シンガポール協会の会合に出席した後、
最終便で上京する予定だった。

しかし雪のため、
朝の一便を除いて飛行機が全て欠航。

そのため函館市内の予定をキャンセルして、
新幹線での上京となった。


1)松前小島

昨日、漁師さんにお願いして
松前小島を訪問する予定だったが、
悪天候のため断念した。

一方、役場、漁協、
さらに島の施設などを管理している方から、
状況を聞かせて頂いた。

====

盗まれたもの、壊されたものの補償をどうするか。

再度、漁をするために、元の状態にどう戻すか。

今後、安心して漁をするために、
どのように島を警備するか。

====

こうしたことが今後、大きな課題になる。

今日午後、国の関係機関に集まって頂き、
私の事務所で今後の対応について
打ち合わせをする。

少しでも素早く、
現実的な対応ができるよう、
全力を尽くさねばならない。


2)急増?

昨今のニュースを見ていると
北朝鮮からの漂流や漂着が
急増している印象を受ける。

過去5年で漂流と漂着の最多は、
2013年で年間80件。

今年は12月12日時点で78件。

だから今年が、突出して多いわけでも
急増しているわけではない。

ただ今年は多数の乗組員が
生存した状態で漂着したものが2件
(由利本荘8人、松前10人)あったのが特徴的。

そして民家を突然訪ねたり
松前小島のような窃盗に繋がったこと、
ミサイルや大和堆、経済制裁といった背景と相まって、
注目を集める事になった。

だから件数も急増している印象を受けるのだが、
事実は冷静に認識すべきだろう。

一方、漁師さんや住民の皆さんの安心安全のため
無人島、海岸線の監視体制をどう確立するかが重要。

今日の打ち合わせではこうしたことも、
しっかりと議論する。


今日も確実に前進します。
=======
    2017.12.13 
=======



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください