18年1月3日 その3785『逢坂誠二の徒然日記』(5482)

掲載日:2018.01.03

新年三日目の朝、西の空、
雲の切れ間に満月が輝いている。

朝の気温は氷点下5度。

風も弱いため、あまり寒さを感じない。

冬らしくない正月三ヶ日で、
この先行きが心配だ。



1)原発ゼロを実現するために

原発ゼロを唱える前に、
代替エネルギーの確保が先決との声がある。

一見正論に聞こえる。

だがゼロを決めなければ、
具体的に動き出さない側面も多い。

再生可能エネルギーを普及させるための
送電網の確保がその典型例だ。

現時点では、原発ゼロは決まっておらず、
原子力による電力を送電する容量を
相当程度確保しているのが送電現場の実態だ。

ところが現在、原子力の発電は極限られており
相当程度確保した送電容量には相当な余裕がある。

一方、再生可能発電に割り当てられる送電容量は、
原子力が優先されるため少ない。

地域でいくら風力や太陽光発電を行なっても、
送電網への接続は、後回しになる場面が多い。

原発による発電を止めることを決めない実態が
代替エネルギーの柱となる
再生可能エネルギーの普及を阻害している。

この現実を乗り越えためには、
原発利用を止めることを決断した上で、
具体的に代替エネルギーの
確保作業を行うことが必要だ。

そしてどうしても電力が不足する
緊急避難的な場面だけでしか
原発を稼働させないとすべきなのだと思う。
(もちろん万が一の際に有効に
機能する避難計画の存在が稼働の前提だが。)

====

原発ゼロに向けた具体的な工程表がなければ、
原発利用を止めるのは無責任だとの声もある。

これも一見、正論に聞こえる。

しかし工程表なるものの定義も曖昧な上、
原発を動かしたままで具体性のある手順を、
真剣に作成するのかどうか、これも不透明だ。

原発を動かすことも選択肢の一つとして、
原発ゼロの是非を考えることは、
その検討に具体性も、
現実的な進展も生まれないのが、
これまでの経過だろう。

もっと言うならば検討に
真剣味がなく魂が入らない。

必要なのは、どうしても電力が不足する場合の
緊急避難的な再稼働の道を極限定的に残しつつ、
まず原発ゼロを決めることだ。

そうしなければ原発ゼロへの道のりを、
責任を持って具体的に推進する原動力にはならない。

====

こうしたやり方を乱暴だと感ずる方もいるだろう。

しかし環境に悪影響を与え、
子孫が何万年も管理しなければならない
使用済み核燃料をこれ以上増やすことのほうが、
倫理にもとる無責任な行為なのではないか。

太陽光発電をはじめ再生可能エネルギーの価格が、
どんどん低下している。

こうした現実の中で、
高止まりせざるを得ない原子力エネルギーを
国民に押し付けることの方が無責任ではないのか。

====

電力会社、立地自治体、雇用などへの配慮をしつつ、
エネルギーのあり方を
次の時代にふさわしい方式へと転換させること、
これこそが、今を生きる我々に課せられた責任なのだと思う。


さあ今日もブレずに曲げずに、     
確実に前進します。
=======

     2018.1.3=======



4 Responses to 18年1月3日 その3785『逢坂誠二の徒然日記』(5482)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください